読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いオッサンのブログです。好きなバンド ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM HelloSleepwalkers

理想のダイナミックを求めて

だいたいイヤホンはBAを使っていた。

ふと思い立ち低音もっと欲しくてAURVANA2では無くてCK500を使ってみた。

ブートとの相性良過ぎる。

ライブ音源やブート音源との相性が非常に良い。

特にもともとの解像度が低いブート音源との相性の良さは特筆。

ブートの低音の少なさもカバーして相性良い。

CD音源だとCDの細やかさをダイナミックの解像度では拾いきれていない印象をうける。

BAだとしっかりとCDの細かさを再現してくれるように感じる。

でも元からそんなに細かい表現ができていないライブ音源での臨場感はダイナミックのほうが良い。

EX650XB70を購入して間違いないと認識が深まる。

EX650を購入してからはダイナミックの自然な音を見直していた。

もちろんTWFKは素晴らしい中高音を響かせてくれる。

最初は低音スカスカだなと思った後に低音の少なさに耳が慣れてきて魅惑の中高音を奏でてくれる。

これはこれで一つの音楽鑑賞方法。

ダイナミックの自然な音も一つの音楽鑑賞方法。

Aurvana airを聴くと実に聴き疲れしなくてとても自然。

ならばaurvana airのように自然で、aurvana airよりも高い解像感と遮音性と音漏れ防止を持つダイナミックがあるのでは???

そんなワケで聴いてきました。

いつの間にか移転してたイーイヤホン。

とりあえずEX650を持って行って徹底的に耳をダイナミック耳に慣れさせておく。

BA耳にしてからダイナミック聞くと大概糞籠ってると感じてしまうから。

以下雑感

RHA MA750

某所でべた褒めされていたMA750

半信半疑で聴いてみると実に爽やか。

ダイナミックと思わせないくらいの抜けの良い爽やかさで低音も出ている。

確かに絶賛されてもおかしくない。

個人的にはボーカルに膜を感じて色艶が足りないように思った。

ステンレス筐体は重くてフィット感悪いのかな?と思っていたら驚愕のフィット感だった。

俺の耳が合っているのか?EX650を超えるフィット感でびっくりした。

次にT10というフラッグシップになりそうなのが出てくるだけに期待。

こちらもフィット感とても良さそう。

SENNHEISER IE800

現在のダイナミックイヤホンの最高峰。

糞高くて買う気しないけど聴いておく。

一聴すると膜が掛かったように思える。

SENNHEISERHD650もそうなのだけど膜が掛かった眠い音に聞こえる。

なんなんだろな?

そんな膜には直ぐになれてIE800の実力が見えてくる。

低音の沈み方が深い。

小さいドライバーのどこにそんな実力が?

空間表現も良い。

解像度も高い。

お高いだけあるんですね。

下位機種のIE60SENNEISERどうしたんだ?と思えるようなフラット修正だった。

ずんどこ来るのかと思ってたから拍子抜け。

SONY MDR-EX800ST MDE-EX1000

EX800STEX1000の低音の違いはそこいら中にある評価のとおり。

EX1000のほうが繊細で解像度が高いとプラシーボで感じる。

個人的にはEX800STのほうが求める音に近くて安い。

低音も高音もEX650のほうが出ている。

EX650の高音は刺さることがあるけどEX800STのほうが刺さらない。

低音はEX650よりも少ないけどEX800STのほうが自然。

というか全てにおいてEX650より自然。

EX800STを聴いた後にEX650を聴くと作られた感が強く感じる。

個人的にボーカルの艶を感じた。

今回試聴したダイナミックでは一番の艶。(EX1000はボーカルまともに聴いてない)

BAのボーカル特化型は比較対象にいれてはいけないと思う。

ダイナミックの自然さを体現しているように感じた800ST

XB90EX

XBの冠の割には低音控えめでXBEXの間の音というのも納得。

ダイナミックの良いところがギュッと詰まっていてEX650よりも自然な音。

かなり好印象だけど・・・

やっぱデカイよね。

FIDUE A63

某所で大絶賛されていた。

非常に爽やか。

MA750よりも爽やかで開放型のよう。

低音控えめ。

BLUE EVER BLUE MODEL 878

低音糞出てた。

XB50っぽい。

大きく膨らんでいて若干ぼやけてるけど破綻しないところで踏みとどまってる。

こんなに低音出るとは思わなかった。

Atomic Floyd

スーパーダーツ

とてもドンドンくる。

ドンシャリという事前情報得て聴いたからその通りだなと思った。

HiDefDrum

重そうな筐体。

盛大な穴。

これから察するに低音スカスカの開放型のような爽やかな鳴りと予想して聴いてみた。

そしたら案外低音出てた。

しかもかなり上質。

重いからフィット感悪いかと思ったらEX650がぴったりフィットする俺の耳には極上フィット。

イーイヤの商品紹介がぴったり過ぎるから転載。

だいたい新商品の紹介なんて盛り盛り盛り過ぎMAXだから眉唾程度に見るのだけど、これはHiDefDrumをそのまんま表している。

以下転載

音!クリア!で、締まった低音もそこそこに出ます!透明感のあるクリアさで音の抜けがいいです。音場は極端に広いということはありませんがそこそこ奥行きがあって、音の広がりがなめらかでキレイです。音域的には、バランスはいいんですけど、ドンシャリの部類に入ると思います。攻撃的ではないですけどね。

全体的に、カッチリしていて音の分離感に優れています。線は締まっていて細めで、圧もほどほどで強すぎず弱すぎず。ある程度の聴き応えはあるけどしんどくならない、スマートな印象です。音の立ち上がりも早く、小気味好いです。

低音は、ギュッと詰まった低音で広がらず輪郭がしっかりとしています。が、圧が極端に強いわけではなく、どこか透明感があり表面が滑らかでするっと聴ける音です。

中域は、ボーカルがクッキリ際立ちます。質的にかなり透度が高く、そしてどちらかというと潤ってはおらず渇き気味な印象なので、薄く感じる方もいらっしゃるかもしれません。

高音は、決して刺さることはなく、かといって天井を低く感じさせることもなく、繊細にでます。

クールな雰囲気で、誰もいないホールで演奏しているような余韻感があります。

低音大好きー!な方は、音はキレイだと感じても迫力の面で物足りなさを感じると思います。

以上転載

要するに素晴らしいってこと。

今回聴いた中でも一番良かったと思う。

13000円でこの音質が手に入るなら他に何もいらないのでは?というくらいの出来に感じた。

なんかに似てるなぁと思ったらオーテクのヘッドホンAD1000AD2000っぽい気がした。

最近聴いてないから勘違いかもしれないけど、とにかく抜けのよいクリアな音で低音もしっかり締まって出ていてレベルが高い。

欠点は音漏れとコードの出方。

音漏れは下手な開放型を上回るくらいに漏れる。

これだけ漏れるからこの音質があるのだけど洒落にならんくらい漏れる。

電車じゃ絶対使えないくらい漏れる。

コードが筐体に沿ってそのまま出ているため『ぴよよ~ん』って飛び出るのがなんとも不恰好。

なんで垂直下向きにしないんだ。

そんなワケで完全に使う場所を選ぶ。

欲しいと思ったけどうちにはaurvana airがあるから見送る。

ヘッドホンじゃデカくて嵩張るから家でもイヤホンという人やaurvana airの装着に問題がある人には良い選択の一つだと思った。

最近のイヤホンは良くできていて以下はどれでも好きなの買えばいんじゃね?という印象

YAMAHA EPH-100 ヤマハらしい綺麗な音の味付けを少し感じた

ONKYO IE-HF300 筐体デカ過ぎ 音は普通

FOSTEX TE-05

OSTRY KC06

色々聴いてわかったこと。

MDR-EX650はかなり低音出る。

高音も出る。曲によっては刺さる。

別にEX650でいんじゃね?と思うくらいの完成度がある。

刺さる時は高音を落とし、もっと低音が欲しい時は低音を上げるというイコライザ対応でどうとでもなる。

もう少し高音を抑えることが出来たら良いなと思った。

そんな機種が無いかなと思ったのだけど、これってノズルのスポンジカスタムすれば解決するんじゃん???

そんなワケで結論としてはMDR-EX650は良くできているの一言でした。