テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM HelloSleepwalkers

ブレイクスル―は突然に

もしかしたらというかもしかしなくても当たり前なことかもしれません。

私は気が付きました。

 

テニスってのはあそこに打つと決めてから動くのでは無く、動いて打点に入りきってからあそこに打つと決めるものである。

 

人によっては当たり前だろと思うだろうし、人によっては何言ってんだコイツとなるでしょう。

 

ただ実感したこと。

あそこに打つと決めてから動く場合

あそこに打つと思考時間が掛かる⇒準備が遅れる⇒時間が無くなり打点に入れる可能性が減る⇒打点に入れていないのに決めた場所に打つためミスをする

 

なんかチャンスのボレーだけに限らずストロークでも時間が意外に無い。

特にあそこに打つと考えてミスする時は相手をコートの外に追いやってオープンコートに次の壱打を叩き込む時だから時間が無いんだろう。

 

対して打点に入ってから打つ場所を決める場合

打点に入ること最優先なためとりま打点に入れる⇒余裕が生まれて何処にでも打てる⇒ミスしないで叩き込める

これは当然として打点に入ってから打つ場所を決めるのにはもう一つの効果が。

打点に入りきれなかった時は『これは打てない』

と打つのを諦めて無理をしない。

この考え方に切り替えることが出来る場合が非常に多くなる。

最初に打つ場所を決めてしまうと『これは無理めだ』と思っても変更できない融通が利かない。

自分でも無理目とわかって打つから当然良い結果はついてこないでミスに繋がる。

これでミスするか一旦凌ぐかはミスの回数が勝敗をわけるテニスというスポーツでは勝負の分かれ目どころか根本的なところに関わってくる。

 

もう一度書いておく。

テニスとは打点に入ってから打つ場所を決めるものである。