テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM HelloSleepwalkers

ブレイクスルーは突然に180730

軸足に重心を残す。

体を廻し切らずに重心を軸足に残す。

 

この意識を持つことで薄く当たることが激減したように感じられる。

体を思いっきり廻した時の会心の一撃の威力は素晴らしいものがあるが、テニスは一撃の威力を求めるものではない。

会心の一撃を一発放っても相手が上手くなってくると決まらないのがテニス。

 

会心の一撃⇒薄い微妙な当り

これでは猛者相手では一発で形勢逆転となってしまう。

二発、三発と安定して連続で打つために軸足に体重を残すことは非常に効果が高い。

 

フォアもバックは言うに及ばずボレーもスマッシュも。

軸足に体重を残す意識があるとボレーやスマッシュで打ち急いで体が突っ込むことの抑止力に大きく繋がる。

 

それをサーブでも実感できた。

サーブのブレイクスルーが起こった後の試合。

久しぶりにビデオを撮ってみた。

初戦は見たことのない二人。

サーブ練習でわかる二人の只者では無い感じ。

こちらの糞サーブでなんとか競りあっていたけど4-6。

初戦負けしてしまった。

最近試合の成績良かったのになぁ。

しかし相手は二人ともにサーブがとても強かった。

厚い当りで体重の乗った素晴らしいサーブ。

前衛がこれまたうまかった。

 

帰宅してビデオを確認する。

ブレイクスルーが起こったサーブや如何に???

 

 

 

 

 

マヂでクソ

 

 

 

昔よりも遥かに打った感触がわかるようになっては来ているけれどもビデオで見ると本当に糞。

ある意味この糞サーブで結果を出せることが衝撃的なくらい糞。

何が糞なのだろうと上手かった対戦相手の二人のサーブと見比べる。

 

トスアップと同時にのけぞってしまっている

 

上手い二人

軸がピシっとあって一本の芯が直立している

 

どうやら俺はトスアップのへぼさが原因で軸が無いようだ。

肩を支点として股間の下あたりから半円を描いてトスアップ。

上手い人は半円を描かず下から上へスッと上がっている。

俺は半円を描いて腕が振られ、半円を描いている勢いを止められないためにのけぞってしまっていた。

とりまパクリを試みた。

 

何が違うか徹底検証。

すると恐るべき事実が浮かびあがってきたのだった。

俺はトスを上げる時に股間の下の手元に顔を向けてスタート。

そこから打点まで視線が移る。

ようするに真下から真上まで180度頭が動いている。

のけぞってしまうのも頭という重量物の勢いを止められないためであった。

こんな頭ブレブレで軸が消えてしまっているんじゃ打てるワケが無い。

そして閃いた。

最初から打点に顔を向けておけば良いんだ。

下に視線を落とさず最初から上を向く。

これでトスを上げてみたら驚く程簡単にトスを上げることが出来た。のけぞりももちろんゼロ。

ビッグフォーやロディックサンプラスのサーブをスローで確認したが手元を見ている人は一人たりともいない。

だからと言って最初から打つ打点に顔を向けている人もいないんだよなぁ。

とりあえず安定性、再現性が段違いだから最初から打つ打点に顔を向けておくトスを試みる。

軸が立って簡単に体の力を伝えられる。

今まで一生懸命振り方を研究してきたけれども一番の問題は下から上への急速目線移動による軸のブレだったとは・・・

 

しかしトスの上げ方で目線のことは何処にも書いていない。

握り方、膝を使うとか、肩であげるとばかり。

他の人に指摘されるのも握り方や、体で上げるとかそんなんばっか。

まぁ、出来る人からしたら目線を下に向けるがNGなんて当り前のこと過ぎるのかもしれないけどさ。

 

これは完全にブレイクスルーで間違いないと思う。

来週の試合に即投入できるブレイクスルーでビデオ撮って研究して本当に良かった。