テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは難しいよ200212後記

banbansuzuking.hatenablog.jp

軸足と左手で壁を作る。

これ自体は大変有用である。

しかしながら相手が少し強くなった時に足の入れ方を考えている余裕が無い。

足の入れ方よりも大切な左手がおろそかになってしまう。

左手だけを意識すると無意識下で左手よりも打点を遠く取ることが出来る。

左足を意識することで左手が疎かになり打点が近く成り過ぎる。

横振りをやめて縦振りにしたことで打点が近くなっても対応できるかと思っていたけど、やっぱり打点は遠くないと窮屈になって打てない。

まぁ当たり前過ぎることだけれども。

 

だからと言って左手だけを意識しているとチャンスの時にブレが生じる。

チャンスの時は攻める時。

攻める=コースを狙う。

コースを狙う=ずれた時はミスに直結

攻める時は軸足で打ちたい方向に壁を作ってやるのが非常に有用。

 

とりあえず意識すべきは左手かな。

 

 

サーブ

後ろから前の意識は非常に良い。

ここで今の俺だから気付くことなんだけど、横振りの意識では無く、後ろから前でも体は開くということ。

後ろから前ならば体の開きは関係なくなると思っていたけど体は開く。

開くのを左手で抑えてやると綺麗に当てることが出来る。

横振り意識よりも確実に安定度は増した。

 

とりあえずフォアが想定内だけど急降下してテニスってやっぱり難しい。