テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に200610

前回のブレイクスルーで打点への入り方云々書いたけど何かが違った。

後ろに入って下向きの面で打つ。

バックハンドは良いのだけどフォアの当たりがカショい。

上手く打点に入れたと思っても上手く打てない。

 

ふと気付く。

差し込まれて打点が近くなってしまった時のほうがまともに当たる気がする。

上手く打点に入れたと思って上手く行かない時との違い。

脇の締り具合。

 

今までの俺

f:id:banbansuzuking:20200610152020j:image

所為ストレートアームというやつ。

 

差し込まれて打点が近くなっても上手く行った時

f:id:banbansuzuking:20200610152214j:image

所為ダブルベンドというやつ。

 

そこでふと気付く。

バックハンドがめちゃくちゃダブルベンドで打ってることに。


f:id:banbansuzuking:20200610152330j:image

 

この画像みたいに左肘が体にくっついて打ってるのがバックハンドだ。

 

フォア

ストレートアーム

 

バック

ダブルベンド

 

バックのほうが打点が近くなってしまっても腕を折り畳んで上手く対処出来ていた。

それがフォアでは出来ずに何でだろうと思っていた。

ここにそんな違いがあったとは...

それから俺は錦織と言い聞かせてダブルベンドで打つことを意識した。

すると今までに無いレベルでフォアのクロスが打てる。

バックハンドのクロスで相手からフォア側へ浅い球を引き出しフォアのクロス。

このショットのガシャ率が非常に高く、チャンスどころかミスの確率が非常に高い大ピンチ。

それが綺麗にインパクトがなされ、綺麗に飛んで行く。

今までずっと悩んでいたことが霧散するかのようだった。

 

思えば昔はセミウェスタンで握っていたからストレートアームで問題無かった。

グリップは厚くなっていったがストレートアームのまま。

グリップに適した撃ち方があるのに、それが出来ていなかった。

厚い握りでダブルベンド。

体の力が乗り易く肘の負担がとても少ない。

クロスが打てるようになって肘にも優しいなんて。

一石三鳥くらいだ。

 

ダブルベンドでブレイクスルー!!!

 

ていうか、いつの間にバックハンドはダブルベンドになってたんだ(笑)