テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

テニスメモ

ブレイクスルーは突然に210330

昨日書いた横向手甲スマッシュ。 素振りでも振り出しがスムーズだなと感じている。 そして今朝寝ぼけ眼で支度をしていると閃いた。 左手を下すタイミングでラケットヘッドも落ちてるじゃん!!! ずっと左膝が曲がるタイミングでラケットヘッドは落ちるもん…

ブレイクスルーは突然に210329

グリップからラケット一本分外側打点+ラケットを斜めに入れるでブレイクスルーを果たしたストローク。 試合で実践していると見えてくることがある。 斜めにラケットが入って最適打点で捉えることが出来ればテイクバックがゼロに近いくらいでも球は飛ばせる…

ブレイクスルーは突然に210323

ストロークで完全なるブレイクスルーが起こった俺。 思い返せば今に至る迄に長い時間が掛かったのは現実とイメージの違い。 ずーーーーーーーっと上に飛ばすにはラケット面は上を向けなければならないと思いっていた。 このように上向きの面で捉えてから面を…

ブレイクスルーが確変

最近のブレイクスルーで意識していること ①グリップの外側にボールをセット ②打点を前 ③地面に対して斜め下向きの面で払い上げる ①と③の併せ一本が素晴らしい。 ②は③を意識していれば勝手に前になる。 ①③を意識していると以前に稀に感じていた現象に出くわす…

ブレイクスルーが繋がった210317

前回のブレイクスルーでバックハンドをラケットを斜めに入れて舐めるように打つとした。 これが大当たり。 いままでにもラケットを斜めに入れるということを意識したことはあった。 しかしながらラケットを斜めに入れるということは、それだけ当たりが薄くな…

スピンサーブでのMIPと迷子のバックハンド

前回のブレイクスルーを経て打点とトスアップを意識した。 風が強過ぎて難儀な状態であったけど全然上手く行かない。 全然上手く行かな過ぎて何故だ?と自問自答。 すると一つの解に到達する。 全然打点を見れてない。 打点を見れていないから体が廻ってしま…

ブレイクスルーは突然に210308

前回のブレイクスルーで体を潜り込ませて右肩の上で打つと書いた。 実践してみると非常に再現性が悪い。 良い時はとても良いのだが、やはり潜り込ませるのは難しい。 土曜日にダブルスで戦った相手が二人とも目を見張る程にサーブが強かった。 相当な格上だ…

ブレイクスルーをモディファイ

前回のブレイクスルーでバックハンドでは意識的にヘッドを落とす必要があると書いた。 実践してみると確かにスピンは掛かり易くなるのだが感じることが出てくる。 ヘッドを落とすと半強制的にスイングは弧を描くことになる。 対してこれまでの打ち方 弧を描…

ブレイクスルーは突然に210303

前回のブレイクスルー グリップの外側にボールを置く意識 こいつは過去最高レベルに良い。 特にフォアハンドが良い。 左手をセンサーにするよりもイメージし易く上手く行く。 打点が想定よりも遠くなってしまった場合はナダル打ちで対応できる。 そんなブレ…

ブレイクスルーは突然に210222

前回のブレイクスルーでグリップから出すことを意識してフォアが劇的に改善したが、バックハンドの当たりが非常に悪い。 相手に強くバックに打たれると弾かれる。 全然上手く行かない。 そして気付く。 フォアハンドはテイクバックをバックハンドよりも大き…

ブレイクスルーの当たりからの突然に210208

前回のブレイクスルーは完全なる当たり。 回り込みのダウンザラインでこんなにもスムーズに打てたことがあっただろうか?という程に綺麗に決まった。 しかしながら課題もある。 回り込みのダウンザラインの時には動作的に自動で肩が入る。 けれどもニュート…

ブレイクスルーは突然に210202

最近のテニスで最優先で意識していること。 打点に足を可能な限り早く入れる。 軸足を打ちたい方向に垂直に足を入れてやる。 この意識が非常に有用だったのだが、後ろから前に振る意識だと問題が発生した。 打ちたい方向に軸足を垂直に入れて後ろから前にナ…

ブレイクスルーは繋がっていく

①以前にラケットは縦に使うと書いた。 ②しばらくして弧を描くように打つと書いた。 ③そして先日ラケットは後ろから前に縦振りのイメージと書いた。 ①=縦振り後ろから前 ②=横振り ③=縦振り後ろから前 同じことの繰り返しているように思えなくもないが内部…

ブレイクスルーは突然に210121

顔を廻さない 重量物を持ち上げるイメージ この二つは非常に良い。 もう一つの課題としてボレーストロークの時に時間が足らない。 もっと準備を早くする必要があると感じている。 先日のボレストでの練習の時。 ボレーも重量物を持ち上げるイメージを持って…

ブレイクスルーは突然に200112

前回のスマッシュブレイクスルー。 イースタンからコンチネンタルグリップに変更した。 打点が右側だけでなく頭の上でも取れるようになった。 そこで思う。 スライスサーブも同じなんじゃね? いままでのスライスサーブのイメージ 横方向に体を廻して体の右…

ブレイクスルーは大当たり200112

前回のブレイクスルー 目線と顔は打点から動かさない バケツの水を下から上に撒く感覚 この二つは大当たりが過ぎる。 どちらも古の理ではあるから今更何を感が大きいけど。 バケツの水を下から上に撒く感覚は若干モディファイされて重量物を上に持ち上げる感…

ブレイクスルーは突然に210104ストローク篇

前回のブレイクスルーで重心を動かさずに打つとしている。 確かに効果はとても高いのだがテニスというのは前後左右リアルタイムでボールが変化するスポーツ。 重心を動かさずに打とうとしても動いてしまう時がある。 意識としては良いのかもだが、前への対応…

ブレイクスルーは突然に210104スマッシュ篇

年末のテニス スマッシュのドチャンボをオーバーして失点が何度かあった。 今のスマッシュは体の右側に打点を取ることを意識している。 足を使ってこの位置で取れる打点に入る。 しっかり打点を取れればバチコーンとスマッシュが決まる。 しかしながら打点が…

ブレイクスルーは突然に201228

最近は軸足から体重が前に行かないように意識している。 軸足納豆テニスとも書いており重要性を認識している。 意識していると気付きが生まれる。 バックハンドは比較的残るがフォアハンドが相変わらず残らない。 更に感じるのはバックハンドは左腰に重心が…

ブレイクスルーは突然に201214

「くるんぱ」によりサーブのブレイクスルーが起こった俺。 そうなってくると相手のバック側にしか打てないスピンサーブのみでなく、フォア側にも打てるスライスサーブが欲しくなる。 と同時に先日の試合でサウスポーの強い人に当たることがわかっていたから…

ブレイクスルーが大当たり201214

前回のブレイクスルーで軸足を粘ると書いた。 しかしながら粘る意識が強くなり過ぎると軸足に体重が残ったままになってしまう。 完璧に打点に入れれば良いのだが、打点を落とし過ぎないためにも前足で一歩踏み込んだほうが良い場面が、テニスというリアルタ…

ブレイクスルーは突然に201211

先日のブレイクスルーでチンコトスをやめることで前足に体重が乗るようになった。 その状態で素振りをしてると気づく。 今までの打ち方だと痛い。 膝を曲げると同時にラケットヘッドが落ちて、膝を開放すると落ちている途中のラケットが上向きに引っ張られて…

ブレイクスルーは突然に201209

以前のブレイクスルーで軸足に重心を残すと書いてある。 フォア側に浅い球を打たれた時、 フォア側に遅いスピンの効いたループボールを打たれた時、 どちらも軸足から体重が離れるのが早くなってしまう傾向にある。 最近意識しているのは軸足に残すでは無く…

ブレイクスルーは突然に201130

前回のブレイクスルー 右足一本サーブ。 サーブ練習した瞬間にわかった。 これは違う・・・ 無理ですw 前に投げるのと上に打つのでは違うから右足一本でもイケるかな?とも思ったのだけど、やってみると直感的に無理。 どう無理なのかは説明がつかない。 ピ…

ブレイクスルーは突然に201125

以前のバックハンドのブレイクスルーでの気づき。 フォアハンドとの決定的な違いが軸足母指球への体重の残り方。 バックハンドで真横スイングを意識すると軸足の左足体重がサクっと右足に移ってしまい下半身の粘りが全くない。 ①左足一本での横振り ②テイク…

ブレイクスルーは突然に201124

以前のブレイクスルー 後半のストロークの肘を曲げたままダブルベンドで打つというのが非常に効果的で今年最大のブレイクスルーだった。 これに取り組んでいると見えてきたことがあった。 肘を曲げながら打つわけだから当然打点は体の近くになる。 ワイパー…

ブレイクスルーは大外れと驚愕の発見

前回のブレイクスルーで画像のテイクバック時に人差し指付け根赤丸部分にラケットの重みを感じることを意識してみた。 すると今までのグリップでは赤丸部分にグリップ側面に位置することになり、重みは親指付け根方向に存在していた。 親指付け根付近は感覚…

外れのブレイクスルーと大当たりのブレイクスルー

外れ体軸を腰から傾けると上半身と下半身が分離してしまって、下半身の力を伝えることが出来なくなる感じがある。 下半身の力を伝えようとすると腰で折れ曲がっている分だけスムーズにジャンプが出来ず腰砕けになりがち。 何故か上手く行く時もある。 上半身…

ブレイクスルーは突然に201102サーブ偏

スピンサーブは右肩の上で振るというイメージを持っていた。 右肩の上で真上に振ると弾道が上がりスピンも掛かる。 だが、しかし、弾道は上がるのだが推進力が無い。 たまに会心の当たりをすることもあるけど再現性が低い。 友人にもっと前に振ってみれば?…

ブレイクスルーは突然に201102バックハンド偏

前回のブレイクスルーでの肘を曲げたまま打つフォアハンドが過去最大レベルの大当たり。 こんなにも当たりを引いたのは初めてだろう。 肘を曲げたまま打つことで面の向きが変わらないためミスショットでも取り合えず相手のコートに入る確率が上がった。 スピ…