テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に210202

最近のテニスで最優先で意識していること。

 

打点に足を可能な限り早く入れる。

f:id:banbansuzuking:20210202163253p:plain

軸足を打ちたい方向に垂直に足を入れてやる。

この意識が非常に有用だったのだが、後ろから前に振る意識だと問題が発生した。

打ちたい方向に軸足を垂直に入れて後ろから前にナチュラルに振ると、面の向く方向と軸足と垂直の方向に乖離が産まれる。

f:id:banbansuzuking:20210202163408p:plain

乖離が産まれているわけだから、そりゃもやもや感が出てくる。

f:id:banbansuzuking:20210202163700p:plain

このように後ろから前に振って前に飛ばそうとすると垂直に足を入れてはいけなくなる。

廻り込みのストレートなんかは足の向きがベースラインと平行になってこんな感じで打っていた。

f:id:banbansuzuking:20210202163253p:plain

でもナチュラルに打つにはもっと右足の向きを前に向けてやらないといけなかったのだ。

これに気付いてからは右足の向きと打球方向を意識しているが、回り込みのストレートの当たり方が大きく変化した。

以前は体を廻してフラットで打たざる得なかったのがスピンの厚い当たりで打ち抜けるようになった。

これは間違いなくブレイクスルーなんだけど問題もある。

今までは打球方向に垂直に足を入れるというシンプルな思考で済んだのが、斜めに足を入れる必要が出てきた。

直角はイメージし易いけど斜めはイメージしにくい。

 

慣れるしかないかなぁ。

 

後ろから前のスイングで斜め軸足ブレイクスルー