テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーをモディファイ

前回のブレイクスルーでバックハンドでは意識的にヘッドを落とす必要があると書いた。

実践してみると確かにスピンは掛かり易くなるのだが感じることが出てくる。

ヘッドを落とすと半強制的にスイングは弧を描くことになる。

f:id:banbansuzuking:20210308090652p:plain

対してこれまでの打ち方

f:id:banbansuzuking:20210308090723p:plain

弧を描くことなく直線的に振っている。

そして新たな発見。

スピンを掛けようとヘッドを落とした場合と打点の位置が異なる。

f:id:banbansuzuking:20210308091017p:plain

このようにスピンを掛けようとヘッドを落とすと今までのフラット打ちよりも打点がかなり後ろになる。

打点が前の場合は擦り上げることが出来ないと思っていたけど想像以上に打点は後ろだった。

打点が後ろということを認識しグリップの外側で払うように打ってみると今までに無いムーンボールでスピンが打てるようになった。

意識的にヘッドを落とさずともフォアハンドのように無意識でスピンが掛かる。

打点が後ろでフォアと違ってナダル打ちに逃げることが出来ないから振り遅れにシビアになるか?とも思ったけどそうでもない。

昔にも擦り上げるために打点を後ろに取るを実践したことがあったが、当時はグリップの外側で払い上げるという意識が無く、十分な力をボールに伝えられずにカスカスだった。

 

これはバックハンドでもスピンを打てるようになる兆しな気がする。

シングルスを4セットやって後半2セットは良い感じの繋ぎのスピンを連発できた。

体の横打点でグリップの外側で払い上げてブレイクスルー!!!