テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に210329

グリップからラケット一本分外側打点+ラケットを斜めに入れるでブレイクスルーを果たしたストローク

試合で実践していると見えてくることがある。

斜めにラケットが入って最適打点で捉えることが出来ればテイクバックがゼロに近いくらいでも球は飛ばせる。

深い球に対しても小さいテイクバックでコンパクトに凌ぐことが出来る。

また調子が良くなってくるとついつい斜めに入れるのを忘れがちでフラットになってしまう。

フラットで攻めて点を取る⇒だんだんミスが出始める⇒崩壊

崩壊してしまうと立ち直るのが難しかったが、ブレイクスルーを果たした俺は一度冷静に立ち返ることが出来るようになった。

そんな風にストロークは劇的に改善されると如実に浮かび上がってくる弱点。

 

粘って甘い球を引き出し前に出てボレーで追い込んでスマッシュ

このスマッシュを決められない。

決められないどころかミスに直結する。

ダブルスやスマッシュ練習では良い感じに決めることが出来ることがあるのに、シングルスでラリーを展開して相手を追い詰めた最後の詰めが全く決まらない。

昨日の試合もスマッシュを決めることが出来れば楽に勝てた試合だった。

ストロークは盤石。

しかしながらスマッシュが打てないため前に出る自信が無い。

スマッシュへの不安があるからアプローチショットまで固くなってしまう。

自信の無いアプローチショットで益々ネットを取れない。

完全なるスマッシュデキナイスパイラル

 

シングルスを終えて疲れていたけどサークルの活動があったから参加してみた。

ダブルスだとスムースに脚が運ばれてスマッシュが打てる魔訶不思議。

 

何が違うのだろう?

答えはすぐに出た。

 

シングルスのスマッシュ

電車バックからの正面向いたままスマッシュ

 

ダブルスで良い感じのスマッシュ

横向きで下がり左手がしっかり上がったスマッシュ

 

電車バックの正面向きスマッシュでも打てる時は打てる。

検証していると致命的結果んが浮き彫りになった。

 

正面向きスマッシュはタイミングが致命的に取りにくい。

始動がスムーズにいかない。

引っ掛かりを感じる。

 

横向きスマッシュだと左手を下すと同時にスイングが始動できてタイミングの取り易さに大きな差がある。

 

正面向きは腕だけでタイミングを取る感覚。

横向きは脚からタイミングを取れる感覚。

 

更にもうひとつ

ボールに対する左手の向き

ボールを左手の手の平で捉えるようにすると肩が捻られてパワーで出るような感じがして正解に感じていた。

だがしかし、それだと引っ掛かりを感じる。

手の甲側でボールを捉えるほうが遥かにスムーズに振り出せる。

 

banbansuzuking.hatenablog.jp

前のブレイクスルーでスマッシュはコンチネンタルグリップまでは辿りついていたんだけどなぁ。

電車バック&正面向きコンチネンタルグリップって一番あかん組み合わせ。

電車バック&正面向きならばイースタングリップで体の右側で捉えたほうが遥かにまし。

 そういえばシングルスの大会で上手い人が後ろのほうから難しいスマッシュを事も無げに決めていたのが、横向き左手上げのテイクバックだった。

彼のイメージ。

彼のイメージで打てば!!!

これで俺もネットにガンガンに出られるようになる日が来るのかもしれない。

本日のブレイクスルー

横向き手甲スマッシュ