テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に220608

前回のスピンサーブから、とりまボールの左下を捉えてボールを転がす感覚を大切にしようと思いっているのだが、やっぱりどうして中々上手く行かない。

球の質は置いといて転がす感覚を掴もうとしているのだが、感覚があったりなかったり。

動画を見ながら自分の糞サーブにウンザリ。

なーんで俺の糞サーブはこんなに打点が後ろになってしまうのだ・・・

ただただ、ボールの左下を捉えて真上に振るだけなのに、なんでこんなに後ろ打点になってしまうのだ。

相当後ろ打点であるマラト大先生のスピンサーブだってインパクトはここ。

俺みたいな後ろでは断じてない。

 

そんなことを思いながら転がす素振りをしていると天からの啓示がありました。

あんれぇ、もしかして俺のラケットをボールへの入れ方と転がすイメージおかしいんじゃね?

スピンサーブのスイング方向と打点。

ボールの記載位置がインパクト。

そんでここからが個人的大発見。

従来のボールの入れ方と転がすイメージ

こんなイメージだ。

ラケットの右上から入れて左下に転がしていく。

そして今回の気づきのイメージ。

これじゃね?

てか間違いなくこれだ。

従来イメージのラケットの入れ方でスイング方向が斜め上だと・・・

速やかにフレームコツンだよ。

無意識で体がフレームに当たらないように調整してくれてるんだろうな。

イメージと現実が乖離していると上手くいかないのは当然。

更にはこのラケットの入れ方のもう一つの絶大なる効果がある。

ボールを捉える位置の違い。

ラケットの右下にボールを入れるイメージだと頭の上に近づくのだ。

そのため、

どうしても治らなかったここの糞打点が、

体の近くに改善される可能性がある。

 

更にはフォアハンドでもバックハンドでも転がしイメージ改革は約に立つ。

フォアはこんな感じか。

本当にアホなことに今までのボールが入るイメージはサーブと同じような過ちをおかしていた。

こんなイメージ。

なんでこんな転がすイメージを持ってたかは不明過ぎるがアホ過ぎる。

 

真っすぐ振るならこうでしょ。

 

高かったらこう。

 

低かったらこう。

 

要はバボラダブルライン上側から入れるってことだ。

 

もう完全なる意識大革命。

これはブレイクスルーしちゃうかもしれないぞ。

ラケット入れる位置と転がすイメージ改変でブレイクスルー