テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に220621

前回のブレイクスルーの母指球。

めちゃくちゃ意識しても母指球から力が抜けることがある。

母指球で支えてやって振れた場合は擦り上げる感覚が強く得られる。

力が抜けることがあるのは練度なのか?

毎回バッチリ母指球を感じることが出来るようになるのか?

どうなんだろうなぁ。

でもダブルスやっててキープし易くなったし改善はされているんだろう。

 

そして今回のブレイクスルー

ストロークを通す場所改革。

一緒にテニスする人のポーチ能力があがってアドサイドのバックリターンがバシバシ捕まるようになった。

何で捕まるのだろう?

打ち損じて体の近くに行ったとかならわかるがクリーンヒットしても捕まる。

何で???

考えてみると何故かがわかる。

特に捕まり易く感じるのがこのあたりの打点。

従来の通す場所のイメージであるセンターベルトちょい左だと。

こんな感じなんだが完全2Dだと。

めっちゃ近い。手を伸ばせば届く。

ってか、サイドアウトまでは超絶余裕がある・・・

センターベルト真上でも全然サイドアウトには余裕がある。

大きく外に出された場合はセンターベルト真上でも超絶アングルショットになる。

 

センターに打たれた場合は

この三つを見た感じだとシングルスラインのちょい外側。

ここが狙い目なのではなかろうか?

 

フォアも一緒だ。

今までデュースサイド画像のようなシチュエーションでもセンターベルトちょい内側を狙う意識だったけれど、正解はセンターベルトちょい外側だったみたいだ。

そんなところ狙ったら鋭角ショットになってしまうと大きな勘違いを犯していた。

ダブルスブレイクスルーだぜ。