テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJDのブログです。

ブレイクスルーは突然に240516

前回のブレイスルーの後ろ体重

この意識で良いところは体が前に突っ込まなくなること。

意識すると今までだったら体が前に突っ込んで打っている球に対して、あと二歩くらい近づいて打てるようになる。

瞬間ユニットターンと後ろ体重の意識でプレーアビリティが爆上がりなので練度を高めていきたい。

 

そして糞サーブ。

トスアップとイナバウアーを抑えるだけで四苦八苦。

ノンラケットヘッドダウンとかちょっと前に書いているのに完全に忘れている。

最近思ったこと。

意識的ラケットヘッドダウンは避けたほうが良い。

 

ずっと内旋→外旋→内旋のイメージを持っていて意識的に動作をしていた。

内旋から外旋に行くときには外側に引っ張られる力を掛ける

外旋から内旋に向かう時に外側に引っ張られた力を思いっきり引っ張って叩く。手動伸張反射。

これって意識しちゃ駄目なことなんじゃ???

 

そもそもこの意識に朧気に気付いたのは瞬間ユニットターンに取り組み始める前からあった。

ベースラインから浅い球でちょっと前に出されて、元のポジションに戻れない時に深いスピンを打たれた時。

時間が無くて内旋→外旋→内旋なんてやってる暇は無い。

ノーテークバックで打っても球はスピンが掛かって綺麗な放物線で飛んでいった。

そして最近思う。

時間が無い時と時間がある時で打ち方は変わる。

時間が無い時はほぼノーラケットヘッドダウン。

膝の曲げも少なくコンパクト。

時間がある時は膝の曲げを大きく構えることが出来る。

そして大きな膝の曲げを開放すると勝手にラケットが遅れてグリップエンドから出てくるためにラケットを引いているように見えるのだ。

これがラケットヘッドを後ろに動かしたのではなく、ラケットヘッドを立てた構えから膝を開放していくと、このようにラケットヘッドが後ろを向くだけ。

手首とか腕を意識的に動かさない。

 

更には自分の大きな間違いに気付く。

従来の俺意識

ラケットヘッドを立てて構える。

ここから膝の沈みこみと同時に意識的に腕を外旋させてラケットヘッドダウンが起こる。
そして膝の開放と共に落ちたラケットヘッドが前に開放されてボールにぶつかる。

こんなイメージを持っていた。

違う。そうじゃない。特に意識的外旋はいらない。

ロジャー大先生みたいな状態から膝を開放することで自然に腕が外旋されるてラケットヘッドが落ちる。

感覚的にはほんのちょっと。

ちょっとだけ腕と手首が外旋回外方向に向かう。

実際に外から見ると結構外旋されているように見えるのだけど、意識はほんの少しだ。

この意識的外旋回外動作が再現性の低さに直結する。

余計なことはせずにラグゼロテニスが好ましい。

なんでこんな落とし穴に嵌っていたかというと、意識的外旋回外がバッチリ決まると、破壊的なショットが飛んで行くのです。

テニスはドラコンじゃないのにね。

 

そしてそんな糞意識が最も感じられるのがこれ。

以前に作ったサーブのイメージの図。

完全に膝の曲げと同時にラケットヘッドが落ちている。

薄々感じていたよ。

というか気付いていたよ。

膝の曲げと同時にラケットヘッドが落ちている上手い人はいない。

みんなこう。

膝が曲がっている状態ではラケットヘッドは立っている。

ここからこんな風にラケットヘッドが落ちるなんてイメージが出来なかった。

そう。

フォアハンドと同じくラケットヘッドを落とすイメージなんて無いのだと思う。

膝の曲げを開放して自然に起こる体感ほんの少しの外旋と回外。

これが外から見ると大きく見えるだけ。

実際に素振りをしてみると、こんな小さな動作で力出るんかい???

ってなるんだけど、膝を伸ばし始めてラケットヘッドが落ちた時の、力が凝集している感覚はある。

体は上に向かっているけど、ラケットヘッドは下に向かっていって、逆の力が飽和してからラケットが上に向かっていく感覚。

これが正解なのか?

意識的に外旋と回外をしていたのは過ちだったのか?

とりあえずは今までと全く異なる意識と動作となるから、頭打ちになった自分のサーブに新たな光をもたらす結果となることを期待。

 

今回のブレイクスルー

サーブでもストロークでも意識的回外外旋を行わない。

内部意識としては手首を動かさない!!!

 

きたかもしれない。