テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM HelloSleepwalkers

10月12日 バックドロップシンデレラ 熊谷HEAVEN'S ROCK

こないだのCallingでギュウギュウ寿司詰めで大概な目にあってきたバクシン。

対バンが感エロで嫌な予感しか無かったけど未開の地とも言われる埼玉北部はとても丁度良いスペースがある混雑具合だった。

 

感覚ピエロ

初めて豊洲で見た時は今日出るバンドでは俺達が一番クリーンな音を出すとかスカしてるイメージだったけど、キャラチェンジしたのかボーカルがスーパー客フレンドリーになってた。

ボーカル横山の客との距離の詰め方が絶妙でスカした他のバンド目当ての客も盛り上げてくるその姿勢には好感でした。

ヘブンズロックの音も良くて楽しめ。

 

Gacharic Spin

久し振りにガチャピンを見た。

まいちゃんの幼さが抜けて美人なお姉さんになっちゃって。

バクシンにはお嬢ちゃん言われてたけど。

古賀ちゃんも良い女っぷりを上げててマヂいい女。

立ち上がりは演奏にまとまりなかったけど徐々に生まれたグルーヴ。

感エロの時は低音がどっか行ってたけどガチャピンではゴリゴリに出ていた。

まさかのBen-Jan-Danをやった。

ガチャピンで1番好きな曲。

昔の曲は好きなんだよなぁ。

 

バックドロップシンデレラ

バクシンが熊谷でどんな音を聴かせてくれるか楽しみではあったけど、感エロ、ガチャピンと比べても同じくらいだったかな。

もっとグルーヴ溢れるのがバクシンだと思う。もっと出来る。

最近はだんご3兄弟やらんのかな???

ウンザオブデスに感エロの横山とガチャピンのオレオがいて、普通にモッシュしていたのが印象的だった。

 

アフロが暖かい地域をツアー初日に選んだと言っていたとおり、会場はとてもホンワカしていて暖かいライブだった。

全バンドともに。

 

次のライブはミオヤマザキ柏パルーザ。

もうツアー始まるのか。

10月11日 HelloSleepWalkers 渋谷Milkyway

やってくれましたハロスリが。

糞最高でした。

糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞最&高&幸でした。

くっそ良かったCallingのO-WESTから、うーん?なLUSHを挟んでからの最高Milkyway

初めて行った箱だけど糞音いいじゃん。

三階にあって二階も一階もLIVE HOUSE。

2階の音がかんなり響いてくる。

でもそんなこと関係無いくらいに素晴らしかった。

午夜から始まり。

その前が野音だったから、箱の音のキレ半端ない、やっぱLIVEは300くらいの箱が最高だと思ったけど、ベースとバスドラム控え目で何処行った?

そのまま百鬼夜行とニワカだから曲名出てこないやつ。

 

んで、MC挟んで、そっから、2xxxx、

別物に生まれ変わった。

中高音のキレはそのままに家出していた低音が帰ってきた。

なんだよ?MCまでは低音のツマミ封印されてたの??

ってか、全ての音が一新された気がする。

とりまベースラインが気持ち良過ぎるレベルに。

途中のバスドラどこどこやるところとかナンダこりゃって思わず顔がニヤけた。

天地創造ではさらにベースがぶっ込まれて笑っちゃうレベルに。

そんでも膨らみ過ぎってことも割れることもなくてMilkywayPAさんグッジョブ過ぎる。

 

これだと箱とPAが良いだけなんだけど、今日のハロスリさんは抜群のグルーヴ。

キラーチューンは勝手にもってかれるけど、天地創造や日食はグルーヴありきの曲。

これがすんごい気持ち良かった。

最高のグルーヴと最高の音響。

こういう音を求めてLIVEに足を運んでるんだよ!っていうお手本のようなLIVE。

そんな音で猿、20世紀、円盤、モクモク、神話。

今日は最高のグルーヴ+最高の音響に加えてもう一つ。

ノリの良い客。

もう言う事無いじゃないですか。

猿と蟻と神で

愛と平和

もくもく

ちょっと待って

叫び倒して終了。

 

最高のハロスリだった。

こんなに良かった記憶は、、、

確か宇都宮HEAVENsROCKがスーパー良かった気がする。

そんくらい良かったけど、客のノリも加わったのは今日が初体験かな?

なんか良過ぎて余韻というか狐につままれている気分。

 

そこに鳴る

SEから厨ニ感溢れる。

YouTubeのカバーはグルーヴに溢れていたのにさ、やっぱLIVEでも同じようにってわけには行かないんだね。

テクニカルな演奏だとどうしても個人個人が勝手に鳴らしてるになりがちな典型。

それに歌やコーラスまで入るから難しいよね。

これでグルーヴ出せたら化物だけど世の中そんなに甘くない。

リードボーカル入れてギターに専念したほうが良いと思ったけど、歌いながらピロピロするってのがウリだからやらないんだろな。

 

まぁ、ハロスリ最高だったんでオールオブ問題無し!!!

あー、さいこーだった。

そういや新世界やらなかった。

俺がハロスリ通うようになって初めてやらなかった。

蟻、神、ごや、蟻、ジャミ、鬼、とかに比べたら好きレベルは落ちるから良いんだけど新鮮だった。

そして新曲が聴き慣れたのか大分馴染んできた。

 

 

 

10月6日 パスピエ 日比谷野外音楽堂

ミオヤマザキ野音以来の2度目の野音

当日券出てたけどほぼフルハウス

定刻をちょい押してスタート。

 

これまでのパスピエとは違い黒を基調としたシックな出で立ちで登場。

なっちゃんは黒のドレスみたいなワンピで完全にいい女。

 

まさかの素顔スタート。

はっ???

素顔???

まぢか・・・

 

立ち上がりの音のバランスは糞だったけど速やかに修正入り聴けるバランスとなりました。

抜群に良いところからはかなり遠い。

パスピエの抜群に良かったっていつだろうか?

印象C渋谷AX

キネマ二日目

幕の内チッタ

muromachiユニット

ここら辺は死ねる程に良かった。

他にも心から良いと思える時はあるけど、この日は音響なのかグルーヴなのか今一歩。

コーリングのヒトリエ、ハロスリ

O-NESTのアナスト

ここら辺が抜群に良かったからどうしても対比してしまう。

 

そんな風に感じているところへ5曲目チャイナタウン。

いつもならお馴染みのライブイントロが始まった瞬間にヒャッッッッッッッッッッッハーーーーーーーーーーーってなるのにチャイナタウンと気付くのに数秒要した。

それからトロイメライ

チャイナとトロイメライは色々暖まってから聴きたかった。

 

ディスコミ終わってから謎の演奏。

何が始まるかまったくわからない。

パスピエのライブは曲に入る前に謎のアレンジが沢山あって全くわからないところからの脳内戦争。

ここで脳内戦争。

まさかの脳内戦争。

THE懐古厨の俺には申し分ない曲。

ここらでギアが2段くらい上がっていたと思う。

ナリハネが演奏するショルダーキーボードがギターみたいに鳴っててナリハネ凄い語彙力。

この日の優勝は脳内戦争だったと思う。

 

再び謎アレンジ。

この謎から何が来る出されるか何時も楽しみ。

とおりゃんせでしたー。

 

とおりゃんせが終わると謎の曲。

既聴感あるけどなんだこれ?こんな曲あったっけ?新曲か?

誰かが上げていたセトリで発覚。

蜘蛛の糸

あー、そんな曲あったなぁ。

懐古厨だからすっげー聞き込んだアルバムと全然聞いていないアルバムがはっきりわかれてる。

 

めっちゃ聴いた

ブンシン、私開花、ONOMIMONO、演出家

 

結構聴いた

&DNA、ネオン

 

あんま聴いてない

幕の内

 

ほとんど聴いてない

娑婆、OTONARI

 

最近のOTONARIさんはまだしも娑婆のモブ曲やられるとなんだこれ?ってなってしまう。

ちなみに最近のシングルも曲名と合致するまで時間が掛かる。

 

そんな???からのフィーバー。

久しぶりのフィーバー。

フィーバー大好きっすよ。

 

ON THE AIR

やっぱり懐古厨なワケでここら辺の昔のモブは大好物過ぎて最高過ぎる。

俺が好きになった頃に存在していたパスピエの曲達。

分身開花飲物演出

初めてパスピエに手を出した時は全ての曲がツボに嵌った。

多分ここまでの曲達が大好き過ぎるんだろう。

バンドも変化していくもんだし一番好きだった頃の曲達とは変化して然るべき。

 

終電車

本編終了は最終電車

終電車大好き。

って思ってたら本編ラストにSS来たよ。

なんだよこれ。

フィーバー⇒マッカメッカ⇒オンジ⇒裏裏⇒マタタビ⇒最終電車で本編終わりと思わせてからのSSとか反則だろ。

MATATABIあたりからおとなしかったファン達も上がってきてSSでは最高潮に盛り上がってた。

SS最高でした。

 

これで本編終了しちゃったんだけど???

アンコールなにやんの?

チャイナ、トロイメライ、SS、フィーバー、オンジ、脳内戦争、最終電車

聴きたい主要な曲はもう聴けたし満足です。

最高の本編の〆方だったので帰っても良いです。

 

アンコール何やるかさっぱりだったら新曲きました。

そうかぁ、

その手があったか。

新曲の感想は・・・

あぁ、最近のパスピエのシングルで出そうな曲だなぁ、ってところです。

スーパーカーを初めて聴いた時になんだこの糞曲は・・・

って思ってからの今では神曲扱いなのでスーパーカーパターンを期待。

 

正しいままではいられない

まぢかよ。

正しいままで〆るのかよ・・・

 

正しいままでは終われない

そんなワケでダブルアンコール

ハイパーリアリスト

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

いや、嫌いじゃないんですよ。

でも本編の終わらせ方が強過ぎた。

フィーバー⇒マッカメッカ⇒オンジ⇒裏裏⇒マタタビ⇒最終電車⇒SS

こんなん反則じゃん。

これに勝てるようにアンコールやるとか難しいとは思うけどさ。

電波ジャックとかデモクラとかプラスチックガールとか

はいからさんとかあんじゃん。

10月だし、あきの日もあったじゃん。

完全に好みの問題だけどさ。

 

なんだかんだ言っても楽しかったです。

パスピエのワンマンの終わった後のほっこり感。

みんなほっこりしてる。

ほっこりしちゃう良いバンド、パスピエ

 

とりま投票制の年末ユニット楽しみ。

FC入ってる人達がどんな投票してくんだろ!!!

ブレイクスルーは突然に181001

相変わらず糞サーブを連発している私。


今年に入りスピンサーブは球が飛ぶ方向に振るのでは無く、真横に振るという感覚を手に入れた。

そしてトスは手元のボール見ずに打点を初めから見るという方法を手に入れた。

最近は一生懸命プロネーションで打ち上げて擦り上げることをやっていたのだけど下痢糞がちょっと硬い糞になったくらいサーブです。
数年前の下痢糞サーブと比べたらマシにはなっているのだけれども、この人のスピンサーブ凄いなぁって思える人には到達できない。
このまま今の打ち方を磨いていっても、この人のスピンサーブ凄いって人のレベルには到達出来ないだろう。

 

ふとした拍子でYOU TUBEにスピンサーブの打ち方が出てきた。
窪田テニス教室というもの。
以前からブログは知っていたが文章ではなかなか理解が追いつかない感じだった。
その窪田テニス教室がいつの間にか動画をアップしていたので見てみた。

 

トスの位置の説明から始まる。
・トスは頭の上あたり。

・トスの前後は頭から右肩あたり。

トスの左右の位置関係を説明しているサイトや人は多々あれども、ネット方向の前後の位置を説明している人やサイトは皆無。
前のほうに上げて体重をぶつけろとか難易度の高みの極みみたいなことが書いてある。
頭から右肩の上が一番スピンが掛けやすいのは完全同意。
プロは前のほうに上げて体が斜めになって振るから位置関係は頭の上から右肩の上になる。

 

そして衝撃過ぎた。
『手を上げなくてもラケットは上がる』
『手を振り落としてラケットを上げる』

 

はぁ?何言ってんだ???
ヘッドを落として振り上げてスピンを掛けるもんだろ。

窪田テニス教室でやってるのはラケットと腕を90度にして高く手を上げる。
そこから手を振り下ろす。
総合の選手がマウントポジションでパウンドするかの如く振り下ろす。
すると驚くべきことに確かに手は落ちているのにラケットは上がる。
その上がり幅はとても少ないものだけど確かに上がっている。
スピンってものはナダルばりに下から上に振り上げないと掛からないと思っている私にとってはそんなんじゃスピン掛からないだろwwwって思う程度にしかラケットは上に振られていない。
でもデモンストレーションを見るとほんの少しの上がり幅なのに確かにボールは上に上がり、綺麗に回転が掛かっている。
しかも実に簡単そうだ。
今まで見てきたスピンサーブの動画で一番簡単そうに打ってる。

自分のサーブのビデオを見ると明らかにラケットヘッドが落ちていて窪田式でのダメな例そのものだった。
上手い人はラケットヘッドが俺みたいに落ちないし、エビぞりにもならないから何が違うのか不明だった。
窪田式だとラケットヘッドが落ちない上手い人の打ち方だ。


テニスを長くやっているとわかってくる。
シンプル&簡単だからこそ再現性が高く安定して打てる。
トッププロがやっていることも一番シンプルで簡単だから再現性が高い。
サンプラスのサーブなんて複雑怪奇だしフェデラーのフォアも複雑な運動連鎖に見える。
だけど打てるようになってくると簡単な動作であって、簡単な動作だからこそミスせず安定して打てて、コツを掴みさえすれば簡単に出来る。
コツを掴んだあとってのはなんで出来なかったのかが不思議なくらい。
自転車に乗れるようになる前後かな。

要するに窪田テニス教室でやっているスピンサーブの打ち方には一理あるってこと。


翌日早速試してみた。
半信半疑だったが今まで一生懸命に下から上に振り上げていたのが窪田スピンサーブにすると非常に楽。
手を小指側から振り下ろすだけ。
今までに無い厚い当りも生まれていた。

どうしてもプロネーションを使って打ち上げてしまう癖が出てしまいがちだが、これはブレイクスルーの予感がする。

スマッシュが打てるようになり、フォアもバックもボレーも厚い当りで安定感が出てきて、糞サーブが一番の弱点だった。
テニスはサーブだの格言から一番遠いとろこにいた。
ポジティブに言うと伸び代だらけ。

そんなサーブに遂にブレークスルーが産まれてしまう足音が聞こえた気がした。

 

9月22日 AnotherStory O-NEST

思えばアナストの全曲ワンマンが行われたO-NEST

20150725

まぢ糞だった。

音のバランス明らかにおかしくてPAもちっと仕事してくれと心から思った糞音響。

あれ以来o-nestは行く気にならなかくて、今回も金曜までチケット取って無かった。

日曜日試合だし無理に行くこと無いかと。

でも土曜日の午後は空いてる確定したから行きました。

8-12時までテニスやってお疲れモードでまったり参戦。

 

って予定だったら糞良かった。

個人的にはもうちっとバスドラムの量感が欲しかったけど、久し振りのアナストのグルーヴ感。

Scienceの無銭以来かな、こんなに良かったのは。

LIVEが進むに連れて音響もグルーヴもどんどん良くなってくし。

参加してるお客さんが皆ハッピーな顔してる素晴らしいLIVE。 

新曲はみんな好きな感じ。

パブロ曲はやっぱり良くわかんない。

 

本編ラストでハッピーデスデイやってしまって、アンコール何やんのかな???って思ってたら、客にやって欲しい曲をいっせいのせで叫ばせるという新しい展開。

みんなめっちゃ楽しそうな今日は...

 

『ダイブリ』って全力で叫びました。

んでも当然客の声がぐっちゃぐちゃになってしまって、今度は今日がアナスト初めての男の子に選ばせる展開。

セトリ書いた紙を渡して選ばせる。

新しい。

男の子が選んだのは10番。

番号で言うんだ。

10番ってダイブリワンちゃんじゃね??

 

って思ってたら両手を高く上げろきました。

ダイブリ来ました。

 

 

そんなワケで最後にダイブリやって皆ハッピーライブデイになって締め括り。

ほんとアナスト良い時は最高。

金曜が微妙だったのもあいまって多幸感で一杯。

明日朝一で試合なんだけど足が完全に死んてる。

 

そんで今日の一番の衝撃。

ずーーーーーーーーーーーーーーつとケーマサだと思ってたよ。

初めてアナストのLIVE行ったのが141106あたり。

そんときリーダーとも話したよ。

 

それから4年の月日が流れて知りました。

カトマサ。

9月21日 HelloSleepWalkers 渋谷LUSH

15 17とハロスリ見て21もハロスリというハロスリ強化月間。

ツーマンということで長めのセトリが期待できる。

やはり渋谷東口の洗礼を浴びてよーわからん。

ハチ公しかわからない。

初めての箱は何時でもわくわくします。

ロッカーどんなもんか調べたらバーカン隣に20個。

行ったら受付があるスペースに設置されてた。

大き目のロッカーで駅のロッカーよりも2回り小さいという情報は如何に???

 

ハロスリは悪くは無かったと思うんですけどCallingのO-WESTが至高過ぎた。

主催のHEAVENSTAMPバスドラムゴッリゴリで来たのになんとも控え目なバスドラ。

控え目に小綺麗にまとめてきたけど、もっともっとゴリゴリ来てもいいんだよ???

2曲目が久し振りに聴く〇〇〇〇←曲名失念

久し振りのせいかシュンタロウがぐったぐだ。

新世界スタートでしんみり進行していく。

早くぶちあがりたい、Jammingやらないかな?って思ってたら神話崩壊の後にシュンタロウが『最後の曲』宣言で猿で終了。

持ち時間45分くらいか?

ツーマンだからもちっとやってくれると思ったけどざんねん。

 

そこに鳴るとの対バンでは相手もゴリゴリだからゴリッと来てほしい。

20世紀少年は高崎で聴いた時より大分洗練されていた。

 

HEAVENSTAMP

4つ打ちバスドラを基本とする踊らせる系。

嫌いじゃない。

卓にセトリが置いてあって○=バンドとか書いてあった。

○じゃない曲は当て振りなん???

俺の糞耳じゃ全くわからなかった(笑)

 

次のライブは...

明日のアナストじゃないか。

O-NESTを良いと思ったことがなく、前のワンマンの時はPAもちっと仕事しろ!ってくらい酷かった。

もう二度とO-NESTには行かないって思ってたのにの、明日と明後日の予定的にイケる!って思ったらチケット手元にあった。

 

9月17日 TokyoCalling

ハロスリ、ヒトリエ、バクシン、オメデタ、その他エトセトラ

この面子発表された瞬間に買ったチケット。

ナンマンダーナンマンダーってタイテ発表を迎えたら被ることは無かったけどハロスリがO-WESTでトリ。

イミフです。

去年はDUOで2時スタートだったじゃん。

ヒトリエO-EASTで14時だから長丁場確定。

去年は死んでてハロスリ見て帰ったからその雪辱。

 

mol-74のQUATTROから。

階段登ってる時にやけにスースーするなぁって思ってたらブックオフ無くなって風抜け抜群になってた。

15分前くらいにQUATTRO入ると人が既に沢山。

えっ?こんな人気なんすか???

5分前には入場規制掛かってるっぽいパンパン感。

始まってみるとバスドラムとベースの質がヤバい。

これぞQUATTRO。

バスドラとベースのグルーヴも抜群でこれがナウいヤングの聴く音楽かぁって聞き入る。

ベースとバスドラが抜群だったから飽きることなく終了。

女子率めっちゃ高くてCallingのイベント自体が女子率高いのにmol-74さんは特に高かった。

ちなみになんて読むのか未だにわからない。

モルナナジュウヨンだと思ってたのに全然違うようだ。

終演後全然出られないQUATTROトラップに掛かる。

 

ヒトリエ

O-EAST

ネクサスツアーでパスピエとの対バンで初めて知ったヒトリエ

あの時はリキッドルームなのにパスピエがめちゃくちゃ良くて、ヒトリエファンはパスピエファンなんじゃないか?ってくらいノリが良かった。

曲が耳に残ったからCD揃えて一時期ずっとヒトリエ聴いてた。

そんくらい曲が好き。

 

なのに!!!

曲は大好きなんだけどライブが全然ピンと来ない。

グルーヴが感じられない。

これが何によるものかはわからないのだけれども俺の中ではヒトリエは音源バンド。

何回もライブには行ってるのにピンと来たことがほとんど無い。

こないだの高崎はまぁまぁかなと思えたくらい。

このCallingでヒトリエのライブは控えようと臨んだ。

リハでトーキーダンスと何か。

この時点で今日のヒトリエは違う。

リハだけでわかる今迄聞けなかったヒトリエ

体が勝手に動く。

ヒトリエのライブで体が勝手に動く。

この日をどれだけ待ち望んだことか...

こんなに纏りのあるヒトリエが聞けるなんて。

クララが立ったレベルの衝撃と感動。

グルーヴで体が勝手に動く。

あとはキッズがどうしてるかだ...

 

 

ばちくそモッシュしてる!!!

 

ばちくそモッシュしてる!!!

 

ばちくそモッシュしてる!!!

 

一気にモッシュに混ざりに行った。

体が乗らないのに無理矢理モッシュするのはつまらないし疲れるだけ。

体が動いてムズムズしてるのにモッシュ出来ないのは生殺し。

体が勝手に動くリズムでモッシュッシュ!!!

これ最高です。

ヒトリエでこんなに楽しくモッシュできる日が来るとは。

踊るマネキンでモッシュ最高潮となり、アンノウンマザーグースで糞叫び倒して、優勝しました。

もう帰ってもいいくらいの状態。

おじさんもう疲れちゃって大満足。

今迄行ったライブとは別次元のヒトリエでした。

疲れちゃってってたのだけど、私はまだこの後来る恐怖を知らなかったのです。

 

嘘とカメレオン WWWX

20分前くらいに行ったらスカスカだったのに5分前には入場規制レベルに。

高崎でまともに聞けなかったから改めて。

俺にはよくわからなかった。

ダイバーがちょっと出ていてダイブするような曲調、バンドなんかな?って思いました。

 

おめでたい頭で何より DUO

15分前に行ったら人だらけ。

どうせフロアは空いてんだろ?って思って1段下のフロアに降りようとするも満員御礼。

でも、さくらんぼのリハ前に一気に詰まったのでそのまま下に降りた。

そしたら後ろにいた皆降りてきて何も出来無い身動き取れない状態。

こんなにむぎゅむぎゅしてるライブは何時以来だろう?ってくらいに超過密。

DUOにいったい何人いれてんだよ!!!

もう人口密度高過ぎて何にも出来無い状態なんだけど、赤飯のトークと表情がそれを感じさせない。

音は微妙だったと思うのだけど、音とかどうこう言うレベルじゃないムギュムギュ状態。

飛べない動けない何も出来ずに人と密着して汗だけをかく。

それで終わったけど不思議なことに後味は悪く無い。

これがオメデタの持つパワーなんかな。

 

バックドロップシンデレラ

人が、人が、オメデタ終わったのに人が出ていかない!!!

そりゃそうだよね。

オメデタ→バクシンと暴れ倒すつもりで来てるよね、俺もそうだし。

サウンドチェックの時点で抜群に音が良い。PAさんが持ってるのかな?

そういやオメデタの今日は杉田さんじゃなかった。

開演すると後ろからのわんさか人がやってきてオメデタと同じ状態に。

でもオメデタよりはマシだったのかな。ウンザウンザで踊りっぱなし。

終盤はダイバーの処理でおじさん疲れたよ。

WODもムギューってしてるだけで身動き取れず(笑)

最近は団子さん兄弟やらんのかな?

ほとんど身動き取れなかったけど糞疲れたし楽しかったけど完全燃焼なのか不完全燃焼なのかわからないこの感じ。

とりまTシャツと首に巻いていたタオルは使い物にならないレベルでぐしょってる。

もっと余裕のあるスペースで暴れたいよ!

 

その後しばらく死亡。

打首とかノクモンやってたけど死亡。

このまま死亡したままハロスリ迎えるかと思ったけど、重い腰を起こしてハロスリ待機でO-WEST藍坊主へ。

会場到着するとまたまた人が沢山。

初めて聴いたけど糞グルーヴっててまぢくそびびった。

特に最初の3曲はグルーヴ感に溢れていてベテランの味をみせつけてくれた。

 

ハロスリ

長かった。

もう疲労が困&憊です。

入念にサウンドチェック。

リハで百鬼夜行

リハで今日は大丈夫だと確信。

 

午夜スタート

素晴らしく良いです。

でも体が付いて行かず心も付いていけません。

神話崩壊でも完全には俺の心に火がつかない。

いやいや、めっちゃ良いんですよ。

今日のハロスリは出色の出来で最高なんですけど大好きな神話崩壊ちょっと待ってでも燻ってる。

 

そんな中やってきたJamming

 

Jammingきたー!

Jammingきたー!

Jammingきたー!

Jammingきたー!

Jammingきたー!

 

これ程までに踊り狂える曲を俺は知らない。

踊り狂える上にシンガロングまであるという恐ろしい曲。

要約すると大好きなんですよJamming

オメデタとバクシンで動けなかった分を全て取り戻してお釣りがバビロン億万長者になるくらい踊り倒した跳ね倒した叫び倒した。

Jamming最高です。

それでもまだ完全にトランスするにはもう一歩足りない。

って書いてて気付いた!

序盤からモッシュが起こっている客を見て猿のイグニッションファイヤーで絶対ピットを拡げたいって気になって仕方無かったんだ。

体が付いてかないとか、心が付いてかないとか、そんなことじゃなくて猿をやるのかやらんのか何時やるのかが気になって仕方無かったんだ。

猿のイントロ流れた瞬間にモッシュゾーンに一瞬で行って3.2.1の間に拡げられるか気になって仕方無かったんだ。

 

新曲。

高崎で聴いた時よりもダンチで良い。

中々新しいポイントでブレイクするから寸止めソングと名付けよう。

 

そしてやってきました猿!

イントロ流れた瞬間に前に行って拡げる。

ポカンと一瞬されたし、人は少なかったけど、イグニッションファイヤー!!!

これで俺のエンジンも完全にファイヤーした。

イグニッションファイヤー!!!

ほんと好き。

 

からの、もっくもっく働っこ!

勝手にJammingと共にハロスリニ大跳ねソングと命名してWorker Ant

Jammingと蟻の両方で跳ねられるなんて!!

 

本編ラストは円盤飛来。

マコトが『イベントラストだ声出せやー』みたいに煽っていて、そんなキャラだったんだーと初めて知った。

 

アンコールで新世界。

時間が押してるのか秒で出てきた。

 

それにしてもハロスリも糞良かったです。

今迄行った中で一番良かったかもしれない。

入念なサウンドチェックのお陰か抜群にチューニングされた音響。

そんで今日のグルーヴはハロスリ行った中でも最高潮。

文句のつけようの無い出来だった。

 

結構な頻度で行ってるヒトリエとハロスリがこのイベントで過去最高の出来とはライブって本当にわからないもんです。

特にヒトリエであんなに上がれたのは初めてで箱次第ではまた行ってみようと思います。

ハロスリは一時期ライブ無かった時から一変して今年後半はハロスリの名前がカレンダーに埋まってる。

 

渋谷に1130に着いて、渋谷を発ったのが2330

12時間とか(笑)

皆さんお疲れ様でした。

TokyoCalling楽しみにしてた期待を上回るイベントでした。

 

あっ、一つだけ言わせて貰うとチケット売り過ぎじゃないでしょうか???