テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJDのブログです。

ブレイクスルーは突然に240520

ブレイクスルー

先日のノーラケットヘッドダウン打ち。
素振りならラケットヘッドが落ちるのを意識しなくても、構えた状態から股関節が切れて体が廻って、ラケットヘッドが後ろを向いてグリップエンドが前を向いて、綺麗に振れるわけ。
なんだけど、
そうなんだけど、

まぁ、実際に球を打つとなるとそんな甘くは無いわけです。
股関節を切ればラケットヘッドが後ろを向くのだけど、常にその状態になれるかと言ったらそんなワケはなくて、むしろ素振りの状態になれる時のほうが少ない。
出力を出せない場面に何度も遭遇することとなり何か違う。

フォアはボディーターンのみで股関節を切っていくとラケットの加速区間が足らない気もする。
土曜日の後半ではボディーターンだけでなく、そこから左手を放して深めにテイクバックを完了させたりした。
まあ要するに上手く行かなかったわけです。

そして日曜日の試合。
1ローテ目には入らなかったので他の人の試合を見ていた。
するととても小さなテークバックから鋭いフォアを連発する人がいた。
だいたいのフォアの強い人はテークバックが深く見えるんだけど、その人は極小レベルのコンパクト。

大先生じゃないけどユニットターン完了時にこんな風に大きい構えが出来る。

その方はとてもコンパクト。
コンパクト路線を進めようと思っている俺には非常に参考になる。
こんな感じで予備動作無しでテークバック完了で、それをボールにぶつけていくスタイル。



ボールは鋭くてミスも少ない。
そして観察しているとあることに気付く。
全く手首の位置が動かない。
そのまんま体が回転してラケットがボールとコンタクトする。

むむむ???
もしかして手首の位置を動かすのは良く無いのか??

 

今までの俺のイメージ

こんな風に股関節が切られるのをキッカケにカラダが廻り手首が前に出ていくことでグリップエンドが前を向いていく。

この方を見ているとそんな状態は全く無いし、知人の強烈フォアを打つ人も全然そんなことを意識している気配はない。手首を動かさず円運動で打っている。

ってことはさ、

グリップエンドを前に出していく打ち方って根本的に間違えてる???

 

こんな感じか?

これが正解なのか?

 

そんなわけで試合だったけど、ぶっつけで取り組んでみた。

瞬間ユニットターン

ユニットターンでした位置から手首は動かさない

ラケットを横に動かしてラケットヘッドを後に向ける←ラケットバックと名付けよう

 

はい、完全に手動です。

手動でラケットヘッドを後ろに向けています。

 

フォアの場合はこっちのほうがしっくりと来る。

特に瞬間ユニットターンを行うようになってから、フォアにスピンで振られた時の高い球の返球の質が落ちた。

昔はナダル打ちで適当に打ってれば良い感じで打てたのだけど、瞬間ユニットターンだけだとナダル打ちが出来ない。

それが手首固定の手動ラケットバックだと以前のように打てる。

 

問題はバックハンド。

長年しみついた軸足で踏み込んで体を廻してスイングしていくスタイル。

体を廻してフラットで打っていくので一旦後ろ足体重で溜めるという文化が無い。

手動でラケットバックをする文化が無い。

初戦の相手の人が球の強くないシコラータイプなので、実戦で練習させてもらったけど、バックの初心者みたいなミスを多発。

とりあえずワイパースイングになるわけなんだけど、ワイパースイングの根本に当たってしまうことが非常に多い。

下向きの面で根本に当たるから自陣にワンバンとか初心者でもやらないミスを大会で晒していた。

相手の人が立ち上がり緊張していてリードをくれたけど終盤はミスが少なくなってきて同じことを続けていたらワンチャン負けていたかもしれない。

 

3回戦

初戦に続いて新たな試みにチャレンジしているわけだけど、めっちゃバコってくる人でストレスが半端じゃない。

ただバコってくれる分、手首の位置を変えずにラケットバックして合わせれば良いからバックハンドは安定。

逆にフォアハンドが低い位置で手首が先に行きそうなのを堪えてラケットバックを行うことでストレスを感じた。

この試合の最大の敵は自分のサーブ。

前回、股関節切りラケットヘッドダウンサーブでブレイクスルーとか書いたのだけど、全然打てない。ダブルフォルトも多いし、弱いサーブをバコられてリターンエースも多い。

ずっとビハインドが続いていて緊張もあった。

1-3 2-3 2-4 3-4 

そしてここの1stポイントが弱弱しくネットに掛かってダブルフォルト

トスは問題無し。

膝の曲がりも問題無し。

なのに何故???

何が起きたのだ??

全くもってラケットヘッドが落ちていなかったぞ???

そんな感じで0-40

ここで相手の人がスマッシュを盛大にアウトしてくれた。

ボールを拾いに行ってる間に気付いた。

 

もしかして、サーブも手首の位置を固定で、ラケットバックすればいんじゃね?

遅い

遅過ぎる

気付くのが遅過ぎる

しかも手動ラケットバックした場合にどれくらい球が飛ぶかわからない。

とりあえず恐々と打ってみると今までとは比較にならないくらい楽に球が飛んだ。

折角掴んだこの感触をもっと試したいと思ってたら何とかキープ。

最大のストレスであるサーブが改善してだいぶ楽になって7-5

 

4回戦

試合を見れていないけどサクサクに勝ち上がってきた相手。

フォアがゴリゴリのスピンの逆クロス主体

バックがシングルハンドでほぼ全スラ

こちらがフォアの逆クロスで浅い球を引き出して、次に順クロスに良い感じで打てても、走りながらのフォアのクロスのリカバリーショットがカウンターみたいにスピンで質が高くて穴が無い。

1ポイント目からロングラリーになって勝てない感じ。

強いなぁと思いながらも手首後ろラケットバック打法を一球でも多く打つ練習と思って臨んだ。

特にこちらのバックハンドへのスピンボールに対しての練習をシコタマさせて頂けた。

今までは肩口以上の高い球に力を加えることが苦手だったのと、相手の球の球速が無くてスピンが効いた球を自分の力だけで飛ばすことが低い打点でも苦手だった。

これが手首を動かさない手動ラケットバックだと良い感じに返せる。

もうウンザリするほど打たせてもらえました。

ただただひたすらに手首固定ラケットバックを意識して返していただけで、展開的には追い込まれていることのほうが多かった気がするけど6-3

いつもだったら失点になっていたギリギリ追いついたボールの返球率が妙に高かった。

 

準決勝

この大会にはエントリーリスト見た瞬間から当たってはいけない選手が二人いたのだけど、そのうちの一人。

またまた1stポイントからロングラリーになった末に当社比ではそんなに甘いワケでは無い球をアングルに叩きこまれて失点。

強いが過ぎる。

第三ゲームの途中まで全然ポイントが取れずに、ついに30取れずに負ける日が来るのか???とも思ったくらいに。

でもラリー自体は自分の中では過去最高レベルの質だった。

結局2-6

2-4の40-40のロングラリーの最後は力尽きてネットに掛けてしまったのが悔やまれる。

 

3回戦で負けていたら実戦で掴むことなんてなかったし、実戦で勝ち進んで成長するってこういうことなんだろうか?と思った大会だった。

準決勝は妙に調子が良かったけど、まぁ、週末にテニスやったら、

『こんなはずじゃない!!!本番であんなに打てたのだからもっと打てるはずなのに!!』ってなるのが目に見えてるから、一度リセットして謙虚な気持ちで臨みます。

 

そして気付いたブレイクスルー

フォアもバックも手首位置固定ラケットバックで威力も安定率も再現性も爆上がりしたんだけど、手首固定でもサーブはなんか素振りから違う。

何が違うんかなぁと素振りをしていて気づいた。

フォアハンドもバックハンドも手首固定でラケットバックしてから一気に腕が伸びて行ってる。

ラケットバックしで蓄えられてたエネルギーが開放されている感じだ。

対してサーブはラケットバックしてからも肘が曲がったまま。

 

これを肘を伸ばすように上に振ってみたら素振りと同じ爆発感を得られることがわかった。

手首固定ラケットバックで掴んだストローク力。

またまたストローク力とサーブ力に乖離が産まれてしまったわけだが、手首固定ラケットバックサーブでブレイクスルーしてしまうかも!!!

ブレイクスルーは突然に240517

昨日のブレイクスルーでノーラケットヘッドダウンと書いた。

素振りをすると動かないように力を入れて手首を固定してやればノーラケットヘッドダウンになる。

いや、しかし、俺のゴーストが囁く

固定とか余計な力を使ってする動作はテニスでNG。

 

そんなワケでナチュラルに力を抜いて素振りをしてみる。

するとグリップエンドが前を向き、ラケットヘッドが後ろを向く

???

ここであることに気付く

ラケットヘッドって落ちているワケじゃなくて、横に移動してるだけじゃね???

注意して振ってみる

こんな構えから。

股関節を切ると体は回転を始めて手首とラケットが置いていかれる。

この時にグリップエンドが前を向き、ラケットヘッドは後ろを向く。

けれどもラケットヘッドが落ちるという動きは一切ない。

ラケットヘッドは横に動いて後ろを向く。

 

まぁ、認知力無さすぎる問題なんですけど、ラケットヘッドが落ちると認識していたところから、ラケットヘッドは横移動しているだけと認識がされると、素振りの時点で頭と体の違和感が無くなって、素振りでもクリアになった。

腕をしっかりと外旋させると腕の内側が空を向いてラケットヘッドがしっかりと落ちるのだけど、これって不必要だったんだなぁ。

そしてバックハンドでも試してみる。

バックハンドはラケットを後ろに持っていけないため股関節を切ってもラケットヘッドが後ろに行く感覚が少ない。

この少ない感覚を感じ取れればグリップエンドから引っ張り出して打つ感覚を得ることが出来る。

 

今回のブレイクスルー

ラケットヘッドは横移動で後ろを向く

バックハンドは僅かしか動かないから感じ取れ

 

そんでストロークは股関節を切ることでグリップエンドとヘッド動くということがわかった。

ということはサーブは???

昨日のブログを書いた時点では股関節のことなんて意識してなかった。

ただ膝を曲げる時にラケットヘッドを落とすのではなく、膝を曲げた状態ではラケットヘッドは立っており、そこから膝を開放して上下の反作用でラケットヘッドが落ちる。

これだけだ。

 

そして股関節を捻ってトロフィーからの検証

この状態から。

股関節を切るとラケットヘッドが落ちる。

そして膝の伸ばしエネルギーでスイングが行われる。

フォアハンドと全く一緒。

ただ以前よりもラケットヘッドが落ちる量が明らかに減っている。

落ちたラケットヘッドを戻すことにエネルギーが使われて無駄の極み。

 

なーるほど、、、

こんなからくりだったのか。

 

ラケットヘッドが立っている状態から、膝の曲げと同時にラケットヘッドダウン、そこから膝を開放したエネルギーをぶつけていく

 

それがこうなった。

股関節を切ることでラケットヘッドが落ちることで時間に大きな余裕が生まれた。

 

今まで

トスを上げる⑤→膝を曲げてヘッドダウン⑤→膝を開放して打つ⑤

NEW

トスを上げると同時に膝を曲げ股関節が入る⑤→股関節を切ってラケットヘッドを落とす①→膝を開放して打つ④

 

数字は動作に必要な体感時間

股関節を切ってラケットヘッドが落ちる時間は非常に短い。

そいういう区間があるというだけで、一連の動作で実質的には⑤

すなわちトスを上げてから膝を曲げてラケットヘッドダウンの時間が無くなり大幅な短縮となるのだ。

更にはなんか凝集感が全然違うんです。

今までだとイナバウアーラケットダウンになってしまい、下半身の力がイナバウアーを戻すために使われてる感覚。

それが下半身の力が全てボールに伝わる感覚。

これはブレイクスルー間違い無し。

 

股関節切りラケットヘッドダウンサーブでブレイクスルー!!!

よりシンプルにラグなく効率良く。

 

 

 

ブレイクスルーは突然に240516

前回のブレイスルーの後ろ体重

この意識で良いところは体が前に突っ込まなくなること。

意識すると今までだったら体が前に突っ込んで打っている球に対して、あと二歩くらい近づいて打てるようになる。

瞬間ユニットターンと後ろ体重の意識でプレーアビリティが爆上がりなので練度を高めていきたい。

 

そして糞サーブ。

トスアップとイナバウアーを抑えるだけで四苦八苦。

ノンラケットヘッドダウンとかちょっと前に書いているのに完全に忘れている。

最近思ったこと。

意識的ラケットヘッドダウンは避けたほうが良い。

 

ずっと内旋→外旋→内旋のイメージを持っていて意識的に動作をしていた。

内旋から外旋に行くときには外側に引っ張られる力を掛ける

外旋から内旋に向かう時に外側に引っ張られた力を思いっきり引っ張って叩く。手動伸張反射。

これって意識しちゃ駄目なことなんじゃ???

 

そもそもこの意識に朧気に気付いたのは瞬間ユニットターンに取り組み始める前からあった。

ベースラインから浅い球でちょっと前に出されて、元のポジションに戻れない時に深いスピンを打たれた時。

時間が無くて内旋→外旋→内旋なんてやってる暇は無い。

ノーテークバックで打っても球はスピンが掛かって綺麗な放物線で飛んでいった。

そして最近思う。

時間が無い時と時間がある時で打ち方は変わる。

時間が無い時はほぼノーラケットヘッドダウン。

膝の曲げも少なくコンパクト。

時間がある時は膝の曲げを大きく構えることが出来る。

そして大きな膝の曲げを開放すると勝手にラケットが遅れてグリップエンドから出てくるためにラケットを引いているように見えるのだ。

これがラケットヘッドを後ろに動かしたのではなく、ラケットヘッドを立てた構えから膝を開放していくと、このようにラケットヘッドが後ろを向くだけ。

手首とか腕を意識的に動かさない。

 

更には自分の大きな間違いに気付く。

従来の俺意識

ラケットヘッドを立てて構える。

ここから膝の沈みこみと同時に意識的に腕を外旋させてラケットヘッドダウンが起こる。
そして膝の開放と共に落ちたラケットヘッドが前に開放されてボールにぶつかる。

こんなイメージを持っていた。

違う。そうじゃない。特に意識的外旋はいらない。

ロジャー大先生みたいな状態から膝を開放することで自然に腕が外旋されるてラケットヘッドが落ちる。

感覚的にはほんのちょっと。

ちょっとだけ腕と手首が外旋回外方向に向かう。

実際に外から見ると結構外旋されているように見えるのだけど、意識はほんの少しだ。

この意識的外旋回外動作が再現性の低さに直結する。

余計なことはせずにラグゼロテニスが好ましい。

なんでこんな落とし穴に嵌っていたかというと、意識的外旋回外がバッチリ決まると、破壊的なショットが飛んで行くのです。

テニスはドラコンじゃないのにね。

 

そしてそんな糞意識が最も感じられるのがこれ。

以前に作ったサーブのイメージの図。

完全に膝の曲げと同時にラケットヘッドが落ちている。

薄々感じていたよ。

というか気付いていたよ。

膝の曲げと同時にラケットヘッドが落ちている上手い人はいない。

みんなこう。

膝が曲がっている状態ではラケットヘッドは立っている。

ここからこんな風にラケットヘッドが落ちるなんてイメージが出来なかった。

そう。

フォアハンドと同じくラケットヘッドを落とすイメージなんて無いのだと思う。

膝の曲げを開放して自然に起こる体感ほんの少しの外旋と回外。

これが外から見ると大きく見えるだけ。

実際に素振りをしてみると、こんな小さな動作で力出るんかい???

ってなるんだけど、膝を伸ばし始めてラケットヘッドが落ちた時の、力が凝集している感覚はある。

体は上に向かっているけど、ラケットヘッドは下に向かっていって、逆の力が飽和してからラケットが上に向かっていく感覚。

これが正解なのか?

意識的に外旋と回外をしていたのは過ちだったのか?

とりあえずは今までと全く異なる意識と動作となるから、頭打ちになった自分のサーブに新たな光をもたらす結果となることを期待。

 

今回のブレイクスルー

サーブでもストロークでも意識的回外外旋を行わない。

内部意識としては手首を動かさない!!!

 

きたかもしれない。

ブレイクスルーは突然に240501

相変わらずサーブが糞である俺。

試合会場の運動公園でピッチング練習をしている野球少年を見て思う。

こんな感じで肘の内側を手首が通って球がビュンと飛んで行く。

俺のこれまでのサーブのイメージ

肘が伸びて最大限の外旋と内旋のパワーを使う

 

そんなイメージでも上手く打ててないワケで、肘を畳んだ少年が良い球を放っていたから、そっちを試してみることに。

イズナー大先生も内側から出てくるんだよな。

 

そんで試してみると軽く打っても球が飛ぶ。

肘の内側から手首が出てくるイメージ。

力感は薄いけど球は飛んで行く。

数試合で試してみたけど良い塩梅だ。

これをブラッシュアップすれば十分かもしれない。

 

肘の内側を手首が通るサーブでブレイクスルー

 

 

そしてもう一点。

バックハンドでスピンが打てない。

サーブと同じく何年も同じことを言っている。

何がキッカケかは忘れてしまったけど、ふと思った。

俺のバックハンドって頭が突っ込んで前傾になってるな・・・

 

体は前傾になっているのにスピンを掛けたくてスイングは上になっている。

足の力の伝わり方とスイング方向が乖離している。

フォアハンドでスピンで弾道を上げたいのに前傾になるとかありえないし。

 

そんなわけで後ろ体重を意識してみた。

まず第一に弾道を上げ易い。

フラットでネットスレスレショットになりがちだったのが簡単に弾道を上げられる。

最初はあまりに弾道が上がるからアウトしそうで怖かったけど全然コートに収まる。

第二に回転も掛け易い。

第三に時間に余裕が出来た。

今までは踏み込んで打っていたため自分からボールを迎えに行く時間が必要だったのが必要なくなった。

課題は今までは踏み込んで前の打点で打っていたのが、同じように打つと打点が前になり過ぎてカスカスのスピンになりがち。

もっと懐深く呼び込んで打てるようになりたい。

アウトしそうな感覚と打点を呼び込むのは反復練習でなんとかなる気がする。

 

そして副産物

フォアの廻りこみのストレートと順クロス

順クロスはともかく廻りこみのストレートが打てなくて相手に逆クロス方面を固められて崩せないってパターンなんだけど、廻りこみのストレートをミスした時に思った。

なんか上半身突っ込んでんなぁー

なんか体重が前にいく。

まぁ、そりゃ、前に行ってドンピシャで合えばバシーンと球は飛んでいくのだけど、自ら前に行く分だけ打点が後ろにズレてしまってる。

逆クロスで相手を外に追い出して、その後のオープンコートのクロスに打つ時も体重が前に行って、打点が後ろになってカスイ当たりになる。

そんなワケでフォアハンドも後ろ体重を意識してみた。

 

ブレイクスルー

 

めっちゃ簡単に厚く当たるようになった。

精度爆上がり

これって来たんじゃね?

 

瞬間ユニットターンと後ろ体重でブレイクスルー

肘の内側手首サーブとともに次のステージに上がれるかもしれない。

ブレイクスルーは突然に240415

前回のブレイクスルー

右手首を右側

だいぶ変わった

イナバウアーにはならなくなった

けれどもイメージと現実には乖離があって、おもっくそ右側に置いている認識なのに、現実は頭の後ろ方向に手首がある。

まぁ、改善されてるから良しとしよう。

 

そんでおもっくそ右側に置かれた手首の位置からのラケットワーク

こんな感じ。

トロフィーポーズでラケットヘッドが前を向いている。

そこからグリップエンドが完全に打球方向を向いて、ラケットヘッドが落ちる。

一気に振り出す。

ロジャー大先生ばりのサーブだ。

 

って理想なんだけど、どうも、こうも上手く行かない。

全然上手くいかない。

センスがない。

 

言語化するのは難しいのだけどラケットヘッドが落ちた後に振り出される時のカラダの力とスイングがリンクしない。

意識的にラケットヘッドって落とさないほうが良いのかな?

フォアハンドで多々感じることだけど時間が無い時なんかは、瞬間ボディーターンをしたら、ノンヘッドダウンで振ることがある。

バックハンドでも打点が高くて時間が無い場合なんかはノンヘッドダウンで振る。

そりゃ威力は出ないけど綺麗な放物線で時間を稼ぐことが出来る球を打つことが出来る。

何よりフィードバックが明確でラケットヘッドダウンという余計な雑味が無い分、スイングエネルギーと球の飛びと打ち出し角度と回転量がクリアに伝わってくる。

そんでラケットヘッドを落とすサーブはフォアやバックのノンラケットヘッドダウンよりも当たってないわけ。

今のサーブはどんな当たりをするかわからない。

稀にカッスカスのカス当たりをするし、厚く当たらないことが多い。

フォアのノンラケットヘッドダウンの感覚で打つスピンよりも厚く当たっていないのが現状。

 

ということはラケットヘッドを落とさないで打つ感覚でサーブも当たるイメージを掴んだほうが良いのでは?

 

アドサイドからのイメージ

前後方向

今迄 グリップエンドが打球方向を向くくらいラケットヘッドはバックネット側を向く。

 

改善策 グリップエンドはベースラインと平行くらい

 

上下方向

今迄 グリップエンドが天を向いてラケットヘッドは地面を指す

改善策 グリップエンドとラケットヘッドのラインは地面と平行

 

ちょっと前の俺ならこんな小さなラケットヘッドダウンで球なんて飛ばないと思ったけど、ノンテークバックフォアハンドを習得した俺にはわかる。

ラケットヘッドを落とさなくても球はそれなりに飛ばせる。

余計な動作が無い分再現性が高くなる。

 

そんなわけでブレイクスルーというか苦肉の策

ノンラケットヘッドダウンサーブ

 

球威はいらないから深く再現性高くコントロールできるようになりたい。

ブレイクスルーは突然に240410

瞬間ボディーターンとノーテイクバック打法によってフォアハンドの打点を前に取ることが出来るようになった。

完全にブレイクスルーを果たしたのだ。

そして自分の動画のサーブを見る。

なんなんだこれは???

なんでこんなことになってしまうのか???

こんな風に体の後ろ側にラケットが寝てしまう人とかみたことが無い。

そしてふと思う。

これって昔の俺のフォアハンドみたいだな。

こんな風に背中からラケットが相手に見えるくらい引いていた。

これって俺の糞サーブに似てる。

ということはフォアハンドで零式牙突を手に入れたのだから、サーブも零式牙突で打てばいいんじゃないか??

 

今までの俺の認識

両肩右肘右手首は一直線のラインくらいまで引く。

右肘はできれば両肩のラインの後ろになるくらいまで引いてパワーを出す。

こんなイメージでトスを上げるとラケットが後ろに行く勢いが止まらず手首が開いてラケットが寝る。

これになる。

 

ということはこのイメージはフォアハンドの引き過ぎと同じくやりすぎなのでは???

そんなわけでサーブでも瞬間ユニットターンみたいに引いてみる。

するとこうなった。

右肘も右手首の位置も顔の肩のラインよりも右側。

手首に至ってはかんなり右側である。

 

でもなぁ、ロジャー大先生はかんなり後ろに引いてるもんなぁ。

って思ってたんだけど、もしかして、これってボディーターンでそう見えてるだけで、肘と手首は右側ですか???

とりま肘はともかく手首はめっちゃ右側。

位置関係はフォアのユニットターンと全く一緒。

 

瞬間ボディーターンと同じトスアップで手首は右側

これで俺もこんな風に構えられる。

 

今までだったらラケットヘッドを落として振り上げるとか考えていた。

素振りをしてみると、フォアハンドと一緒。

振り始めるとグリップエンドが前を向いてラケットヘッドが後ろを向く。

ラケットダウンとか考えずにラケットワークがオートマチックに行われる。

そして終始体の右側でラケットワークが完了する。

全くイナバウアーしない。

 

フォアハンドと全く一緒。

逆クロスにしか打てないフォアハンドを矯正したらサーブにもつながるのか。

 

今回のブレイクスルー

右手首はおもっくそ右側トロフィーポーズ

 

 

ついに来てしまったか・・・

ブレイクスルーは突然に240408

瞬間ボディーターンに取り組んでいる。

軸足を横に出すだけではなんか捻りが足りない。

そして閃いた。

軸足の逆足を横に向けてみればいいのでは?

フォアハンドだったら左足の爪先を右側に向ける。

とりあえずやってみるとメッチャ捻りが加わる。

これは革命だ!!!

 

コートで実践してみると。

全くもって動けない、無理、却下

残念

 

そして前回のブレイクスルーであった肘を低くする。

まあ悪くはないんだけど、やっぱり全然当たらないってなった。

なんかラケットが上から出てる気がする。

 

前回のスピン系シコラーの球ならば打点を落とし過ぎるということはほぼ無い

から肘を低くするイメージのままで良かったけど、跳ねないサーブや低い球ではまだ低さが足りないように感じた。

 

そんなわけで肘だけじゃなくて手首も下げてみた。

なんかナダルみたいだ・・・

俺はフェデラー派なの!!!!

 

まぁ、フェデラー派とか置いておいて、簡単に当たるようになったよね。

ここからラケットが後ろで廻るような軌道と同時に肘と手首が下がっていく。

臍くらいの高さの打点でこんな感じ。

 

我々アマチュアが日本の糞オムニでやる場合は打点が膝の高さとかザラ。

この低い球の処理が県大会本戦レベルと下のレベルとの違いにも感じる。

高い構えから低い球を打てる人が世の中にはわんさかいるのは知っている。

だけど私はセンスが無さ過ぎて無理です。

この僅かな時間とラグが足枷になってる。

大先生なんかは肘の位置が大分低くて手首の位置はこの画像では肘と平行くらい。

こんな感じかな?

これを

こんな風に手首の位置もなるべく落としてしまう。

 

ユニットターンでテイクバックは終了。

これ以上は引かない。

手首の位置が下にあることでラグがゼロ。

振り遅れない、再現性が高い

いいことずくめ。

 

フォアハンドのためにやってみたのだが不思議な事にバックハンドでも効果絶大。

この状態から瞬時にボディーターンをすると勝手に手首が低い位置のユニットターンとなる。

適当に振り出せばok

 

思えばずっとこれができなかった。

いまだによくわからない。

意識的にヘッドを落としてるの?

フォアの場合は高い構えから振り出せばラケットヘッドは落とせる。

後ろにセットされた肘が曲がって前に行く時にラケットヘッドを落とせる。

バックハンドは最初から曲がってるから無理じゃん!!!

意識的に落とさなきゃじゃん!!

それが出来なかったのだけど、最初から落ちていれば万事解決。

そういえばテニス仲間のバックハンド鬼ツヨマンはラケット立てずに最初から手首の位置が低い。

てか、ジョコビッチもじゃん!!!



手首の位置が低い状態からの瞬間ボディーターンでブレイクスルー

 

こうして更にストローク力とサーブ力が乖離していくのだ。