テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に211025

最近サーブが全くイケてない。

以前に当たっていた時の感覚君が放浪の旅に出てしまったようで、全然俺の元に帰ってこない。

あーだこーだやっていてついに閃いた。

肩の深さ。

 

直近の取り組みはボールの上側を捉えることとオデコの上で打つこと。

これを意識していたのだがオデコの上で捉えることが出来た時でも全くサーブが飛んで行かない。

当たっていた時の球威が出ない。

インパクトの手打ち感。

 

肩の深さだった。

最近の俺。

f:id:banbansuzuking:20211025104633p:plain

こんな感じ。

スピンサーブだからここから体を開かずに打つ必要がある。

f:id:banbansuzuking:20211025104853p:plain

マヂで手でしか打ててない件。

 

以前にワンエイティーサーブとかやってて、体が開いてしまってうんたらかんたら上手く行かないってやってた。

体を開かないワンエイティーに取り組んだけど、どうしても開いてしまったのだ。

そこから肩を深く入れることを忘れて今に至る。

 

そして昨日思い出した。

肩を深く入れること。

肩が深く入るだけでスピンサーブの動きがしやすい。

当たってる感覚も自分で制御出来ている。

f:id:banbansuzuking:20211025110140p:plain

このように肩を廻しつつ打たないとパワーが出ない。

肩の回転を使って打つ。

 

そして、もう一つ気付くのはワンエイティーじゃない。

90度だ。

廻すのは90度。

あとは惰性で廻っていく。

もしかしたら90度廻して止める意識をもったほうが良いのかもしれない。

 

本日のブレイクスルー

キュージュード

 

んでも、これってスライスサーブどうやって打つんだ?

f:id:banbansuzuking:20211025104633p:plain

この状態だったから胸を前に向けていくスライスサーブが打ち易かったのに。

深く肩を入れたらスライスサーブをどう打つか不明過ぎる。

ブレイクスルーは突然に211018

両手バックのスピンが相変わらず全然打てない。
下から上に打ちたいのに想定よりもボールが下に来てしまいレベルスイングに近くなってしまうことが多々ある。
とりあえず下から上にフラットでも良いから打つことを意識。
取り組んでいると見えてくる。
足の力が地面から抜けるのが早くなると体が泳いでしまって下から上に打てなくなる。
上手く力を下半身に留めてもフラットで下から上に打つわけだから、試合になるとアウトが怖くてビビッてしまって浅くなってしまう。
そこを起点に攻められる。
やはりスピンが打てなければどうにもならない。←5万回目
これまではむかーしむかしにフォアでスピンを覚えようとした時をベースに考えてきた。
そして昔のスピンの覚え方とは違うのではと気付いた。
昔のスピンは廻り込みの逆クロスに弾道の高いスピンを打つこと。
大してバックハンドで打ちたいスピンは順クロスの高弾道スピン。
ていうか、フォアでも順クロスの高弾道スピンはまともに打てないのだから、フォアの感覚はベースに出来ない。
致し方無い。
初歩の初歩だからバックハンドでスピンを掛ける感覚を感じていくことからスタートだ。
フォアのクロスで低い打点でボールの右下を擦り上げるのが一番感覚がわかり易く思えたからそこからスタート。
すると俺でも両手バックでスピンが打てた。
ボールの左側を捉えて擦り上げるとスピンが打てる。

f:id:banbansuzuking:20211018174109p:plain

ここを捉える。
左側を捉えたら真横に飛んでいってしまうイメージがあったのだけど、左側を捉えても以外と真ん中に飛んで行く。
意外にも綺麗な放物線で打てていた。
そこからは低い打点で無くともボールの左側を捉えて振り上げてやるとスピンが掛かって放物線を描けた。
高い打点でも同様で左側を捉えてやると高弾道で打てる。

f:id:banbansuzuking:20211018174145p:plain

今まで打てなかった高弾道スピンが打てるようになった。

今まではボールの真上を捉えるイメージだったのが、側面を捉えるだけで全然違う。

異常に上手くいくからフォアハンドでも実践してみるとこれもまた良い感じ。

今回のブレイクスルー
ボールの側面を刮ぎ取るべし


ブレイクスルーを果たしたバックハンドに比べてサーブ
絶不調に陥った。
ナチュラルに素振りをした時の打点で捉える。
これを実践していたら絶不調。
スカスカな当たり。
何故こんなにスカスカなのか考えた結果、超絶手打ちになっていた。
超絶手打ちになっていたから肩の入れ替えを意識して取り組んでみると、肩の入れ替えと当たるタイミングにラグがある。
本当は肩を入れ替えが終わり切る前に打ちたいのだが、肩の入れ替えが完全に終了して下半身の力が抜けてから当たる感覚。
抜けるということは打点が前過ぎるのか?
打点を後ろにしてみたらガシャる率が大幅にアップした。
論外。

そして要約気付いた。
ボールを触る位置。
ちょっと前にボールの上を触るブレイクスルーを果たしたはずなのに、気付いたらボールの後ろを触るイメージになっていたのだ。

f:id:banbansuzuking:20211018174257p:plain

ボールの後ろを触るのと上を触るのでは打点が異なる。

f:id:banbansuzuking:20211018174321p:plain
ラケットを入れるスイングの性質上、上を触ったほうが打点が前になるのだ。
上をヒットするようにしたら、肩入れ替えの力がスムーズに伝わり、サーブも戻ってきた。

今回のサーブ格言
ボールの上側を刮ぎ取るべし

ブレイクスルーは突然に211011

ボールへのラケットの入れ方の意識とメーン打法によってフォアが劇的に進化しました。
打点さえ取れれば球は飛ばせる。
即ち打点への意識レベルが上がって如何に体をボールから離してスイングできる距離を確保出来るかに注力している。
ただし、廻りこみのフォアのダウンザラインの精度が今一つで、体を廻し過ぎてしまっている感じがある。打点に入ったつもりでも体を廻し過ぎてしまっているので想定打点と実際の打点にズレが生じてる感じだ。
威力を求めて体を廻したくなってしまうが、廻し過ぎをグッと堪えて展開していきたい。


フォアがほぼミスをするイメージが無いのに対してバックハンドはというと

ゴミ

ひーひー言いながらなんとかコートに収めているだけ。
フォアのように確実にボールにスイングの力が伝わっている感が無い。

バックハンドいけてないポイント1
『左脇が締まりんぐ』

めちゃくちゃ締まっている。
完全に閉じている。
空けたほうが体の力が伝わり易いと漠然と感じていたのだが、気付くと閉じている。
閉じている利点としてはダウンザラインが打ち易い。
閉じている脇を空けながら打つから精度が高い。
フラットだしクロス方向に打つのは難しいしメリットが少ない。

漠然と感じていたのだが両手バックの形でメディシンボールを投げてみてわかった。
脇を閉じていると全くメディシンボールを飛ばせない。
脇をフォアのようにガン空けするとメディシンボールも飛んで行く。

左脇は空けるべし

バックハンドいけてないポイント2
『腕を鞭のように使うイメージ』

従来のイメージでは伸張反射を使って鞭のように撓らせるイメージ。

ラケットヘッドを立ててテイクバック

股関節が廻るきっかけでラケットヘッドが落ちる

落ちたラケットヘッドが起き上がる反動でスイング

これをバックハンドでやろうと思っていた。
しかしながら上手く行かないワケであって、脇を空けて練習している時に気づきがあった。

「むむむ?今のは腕が棒のようになっていたけど良い感じで球が飛んでいったぞ?」

脇を空けることでスイングの回転半径が大きくなり、そのエネルギーが棒によりロスなく伝わった感覚。

その翌日に脇を空けて鞭ではなく棒をぶつけるイメージでテニスをしてみた。
ガッツリと6時間タイマンでシングルスをした結果、頗る良かった。
鞭のように伸張反射を使うイメージに比べて確実に下から上へのスイングが出来る。
伸張反射の鞭イメージだとラケットヘッドが落ちるのを右手が邪魔をする。
想定よりもヘッドが落ちずにボールを打ちにいってしまうためカスい当たりになり易かった。
これが無くなって下から上へスイングし易くなった。
だいたい6時間もシングルスをしているとアップダウンがある。
サーブもアップダウンがあり、フォアも疲れから足が動きにくくなり、集中力も落ちる時間帯があり打点へ入るのが疎かになったこともあった。
ただバックハンドは当社比でとても良かった。
苦手だったクロスに深いボールで展開できて、攻めさせないラリーが出来たと思う。
まだ一日しかやってないからタマタマかもしれないけど、今後に大きな期待が持てる。


今回のブレイクスルー
両手バックハンドは左脇をガン空け
肩から先は硬くて重たい棒をぶつけるイメージ

211001 パスピエ SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

延期になってお預けを喰らっていたHARUMAKIを食べにプレジャープレジャーへ。

ajimiでもラインキューブでもわかってたけど、最近のパスピエに外れなし。

ajimiと同じ会場で演出家出演セトリなんて大当たりが確定してるんですよ。

どう転んでも外れるわけがない。

唯一のハズレは台風で中止。

 

そんな台風も乗り越えて開催されました。

AJIMIは着席公演だった。

今回はS.S. フィーバー はいからさん

これらがあるのに着席とかありえんでしょ!!!

SE掛かったら立とうと思っていたら、まさかのSE無しでヌルっとメンバーが出てきました(笑)

演奏始まると他のベルガマスク組員も同じ気持ちなのかスッと皆さん立ってくれました。

 

ライブは素晴らしかったです。

音良し、演奏よし、セトリよし、客よし

パスピエとファンの創り出す会場の雰囲気。

今まで幾度となくライブというものには参加してきたけど、パスピエとファンが創るホッコリ感には出会えたことがない。

FCイベントはパスピエくらいしか参加してないからだろうか?

とにかく客の一人一人がホッコリしてしまってるから、会場全体がホッコリにならざる得ない。

 

今日は音の交わりが秀逸だった。

音響もPAさんも抜群。

それをプレジャープレジャーのゆったり座席で両隣に人がいない状態で満喫。

こんな贅沢していいんですか?

あまりの多幸感に終始涙で目頭が熱かった。

ただただ抜群の音で大好きな曲達が演奏されるのが嬉しくて、自然と涙が目に浮かんでいました。

 

パスピエ、FC会員、スタッフ

皆様に最高のライブをありがとうと伝えたい。

至福の1日でした。

 

今回は演出家出演フォーカス。

onomimonoはもうやったし、あとはフェイバリットなわたし開花したわと&DNAをやってくれる日が来るといいな。

210923-24-25 ミオヤマザキ 立川STAGE GARDEN 3DAYS


立川ステージガーデンに行ってまいりました。
新しく出来た箱ということでピカピカ。

座席に着くと前後の間隔が非常に広い。
なんでこんなに広くしたのか?という程に広い。
すっごい踊り易い。
しかもこの3daysは左右は空席となっているから踊りたい放題、暴れたい放題。

スピーカーはラインアレイがドンと鎮座している。
フェスの1万人ステージくらいでやる規模のスピーカー。
もっと多目的ホール感が強いのかな?とも思っていたのだが、ロックライブをやる気満々じゃないか。
PA卓も広くて箱としては申し分無しか?

SEのドエムが終わり本編はメンヘラスタート
立ち上がりは低音過多。
PAさん早くなんとかして。
そのうち音が整い始めたが低音が多いのはそのまま。
だが多い低音でもバスドラムにはしっかり芯がある。
ぼわーんとしない。

中音高音もクリア。

要するにめっちゃ好みの音がなっていた。
酒が入っていないシラフでの聴覚だから間違い無く良いのだと思う。

そんな音でだよ?
メンヘラ→婚活→ドエム→叫び

やばすぎる(笑)
殺しに来てる(笑)
もっとやってくれ(笑)

中盤でズルい人が来た瞬間に全身の血が沸騰するかの如く高まった。
セトリに入るのはわかっていたのにね。

この日はキラーチューン以外では季節雨、花火、やりたがり、リプレイが光っていました。

終盤は民法→童貞→水商売で完全に殺されて最後は山崎美央

ズルい人と山崎美央が来た瞬間がこの日のぶち上げハイライト。

もう言う事がありません。
俺が好きになったミオヤマザキがいました。
日によってセトリが異なるというメモリアルベストスレ。
発表された瞬間から初日は絶対に行くと決めていた。
セトリは文句なしでもホールの音響やPAや久しぶりの演者とか気になるところはあったけど、そんなことは全くの杞憂であって、俺がミオヤマザキに参戦した中でもトップクラスのスレとなりました。
踊り放題、暴れ放題という観点では過去イチかな?


2日目、3日目と参加して改めてわかったのは改めて昔の曲が好きです。

3Dで電子ノイズがパリパリパリと流れた時の瞬間
ズルいよ~と始まった時の瞬間
婚活、童貞、水商売、浮気、ドエムのギターのイントロの瞬間
山崎美央の始まった時の瞬間

堪らないです。

2015以降の曲で同じようにぶち上れるのはケセラだけ。
アンスピーカブルは全部好きだけど。

 

モッシュも無しに息も絶え絶えになる程に、「死ぬ」と思う程に躍らせてくれたのはミオヤマザキだけです。
初めて行って衝撃を受けた140727モーフ
今では考えられないキャパ120で行われた立川HeartBeatの年越しスレ150101
ベビメタ2days後ろの日を蹴って行ったPALOOZA 151213
神PALOOZAからのO-WEST 160110
童貞おかわりもっかい回しが最高だったミオフェスパルーザ160716
神箱モーフでの神スレ160926
当時最大キャパでの7pistolsツアーファイナル赤坂ブリッツ161210
酸欠体力切れで途中休まざる得なかったキネマ倶楽部ゆるめるも対バン170422
初期曲多めの神スレだったマウントレーニア記念日170428
信じがたい程にスリーマン全て最高だったduo 170717
のっけからの山崎美央にやられたO-EAST 171210
久しぶりの神スレだった190730キネマ倶楽部
そして今回の210923立川ステージガーデン

数々の神スレを様々な箱で体験させてくれました。
心と体と音がシンクロするのはミオヤマザキが一番です。

 

またアルバム出して全国ツアーするみたいだけど、俺が好きな曲達はますます聞けなくなるということ。
メンヘラや不倫すらもセトリから外れるのだから。
今回の立川や、パスピエの演出家出演ライブのHARUMAKIや、HEAVENSTAMPの初期曲ライブ。
このようなライブ形式をもっとやって欲しいとも思うのだけど、今あるツアーに今の曲では無く昔の曲を求めるのはナンセンスであるということを改めて感じる。

新しいアルバムツアーのライブに行って1、2曲やるかやらないかの昔の曲を求める参戦の仕方はやめよう。
初期曲やってくれるとか、アルバム縛りとか、ライブのコンセプトが自分に合った時に行けばいい。
新しいアルバムが自分に合っているとかね。
それを考えると7月の相川七瀬の25周年ZDCを逃したのは残念過ぎた。

 

今回の立川スレで一旦区切りとしてミオヤマザキはお休みする。
いままで最高のライブをありがとうございました。
とか言って新アルバム最高ヒャッホースレでも聴きに行くぜとか言ってる可能性はゼロでは無いんだけど。

また初期曲やってくれるとかの限定スレが行われるその日に再び会いましょう。

210916 HEAVENSTAMP 渋谷SPACE ODD

HEAVENSTAMPがライブをやるというので緊急事態宣言なんて無視して渋谷へ。

 

OAの8月ちゃん。

ずっと前におやホロ見た時以来か。

バンドセットで良い音出てました。

 

この8月ちゃんの知り合いのアイドルなのか、会場の女性客が異常にカワイイ。

男はオッサンとヲタクで平常運転です。

 

転換もスイスイ進みHEAVENSTAMP

なんか音が入ってこない。

やっぱLUSHが至高なのかな?

って思ってたらお宝探しでグルーヴが凄まじいことになっていた。

過去イチのお宝探しでした。

そこで完全にバンドとPAか仕上がっていたのだけど、俺のぶち上がれる曲が全く来ない。

イジメかってくらい来ない。

そんなんあり?ってくらい来ない。

来ないままアラウンド・ザ・ワールドで本編終了。

告知で11月に再びスペースオッドでやるとのこと。

今度は1st、2ndアルバム中心とのこと。

だからかよ。

だから今回は全然やらなかったのかよ。

てか、1st、2ndってどれのことだ?

ミニアルバム含むよな??

 

そしてアンコールがStand By You。

終わりよければすべてよしです、はい。

 

いや、そんなことない、不完全燃焼です。

 

ブレイクスルーは突然に210915

先日のワンエイティーサーブは体が開いてしまって糞オブ糞だった。

しかしながらワンエイティーダブルバック(180DB)はブレイクスルーが見えた。

180DBに取り組んでいるとわかることとして、枝葉末節の意識はいらないということ。

今まで散々枝葉でスピンを掛けようと思っていた経験があるからこそ、意識はいらないのかもしれないが、実際のところはどうなんだろう?

f:id:banbansuzuking:20210915110833p:plain

こうやって180度体を廻してやるだけで上手く行く。

この感覚をフォアにもフィードバックしてやるとフォアもさらに良くなった。

ということは、小手先で外旋内旋外旋、回外回内回外とか意識すると腕の力でしか打てないということだろう。

しかし、サーブで180度回転を行うと体が開いてしまう。

前回やったら体が開いてしまって全くスピンが掛からなかった。

そしたら閃いた。

前回は打ちたい方向に右肩が向いていたのがNGだったのだろう。

 

前回

f:id:banbansuzuking:20210915111944p:plain

フィニッシュで打球方向に右肩が向く形

 

真180S

f:id:banbansuzuking:20210915112252p:plain

このように180度廻しても打球方向に右肩は向かずにクローズされたままフィニッシュ。

素振りをしている感覚としては180DBと同じ。

体の力を使って適当に打つ感じ。

 

今回のブレイクスルー

右肩を開かないワンエイティーサーブ