テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に220506

前回のブレイクスルー

顔の高さで左手を閉じる。

実践してみると驚きの事実が明らかに

 

出力が足らない

 

肩の入れ替えがお腹で左手を閉じる場合よりも少なくなってしまい、絶対的に出力が足らない。

これは違うか・・・

 

そして再び魔宮へと迷い込んだ。

どうすればいいのかわからない。

何に手をつければいいかわからない。

 

とりあえず動画を撮ってみる。

左手は上がっている。

しかしラケットはトスを上げた瞬間に寝ている。

こうしたい

けど現実は・・・

トスが上がった瞬間から面が開いてる。

左手は伸びているのに面が開いている。

なんという糞。

 

他のコートに見事にトロフィーを作る知人がいたので観察。

素晴らしい。

一瞬バチっとラケットが立つトロフィーポーズが完成している。

 

何故だ?

何故俺はラケットヘッドが立ったトロフィーポーズが作れないのだ・・・

なんどやってもトスを上げた反動でラケットが寝てしまう。

 

自分の欠片も無いセンスに絶望して項垂れていた。

この先どうしていこうか?

 

とりま知人を観察しているとあることに気付く。

トロフィーポーズでの肘が高くない。

こんな感じだ。

トロフィーポーズの肘は高くするが正解。

こっちが正解とずっと思っていた。

今までにサーブが強い人でも肘が低いトロフィーポーズの人を何人か見た事があるけれども、脳死で肘が高いほうが正解と思っていた。

マレーもチリッチも肩から肘までの腕は地面と水平だ。

そんなワケで脳死で肘の位置は高くが正解と決めつけていた。

 

とりま昨日は肘の位置を高く意識するのをやめて打ってみたけどよくわからなかった。

たまに内旋外旋が上手く嵌って打てるが力みが大きくて参考外。

 

ふとフェデラー大先生を見てみる。

なるほど。

地面と水平ってわけではない。

肩のラインと同じくらいか。

 

肘の位置を無理矢理上げずに絶対位置を低くしてみると肩が楽。

無理やり肘を上げて地面と水平にしようとすると肩が詰まる。

そして何より上に振るのがめちゃくちゃ楽。

低い肘の位置。

そこから肩の位置が水平になるとラケットヘッドが落ちる。

振り出す。

トスも右手に引っ張られずに上げられる感じがする。レイアップシュート的だ。

素振りしている感覚的にはフェデラーよりも落ちて大丈夫な感じ。過去にも何で肘が落ちているのにサーブ強いんだ???と謎に感じていた人と同じような感じ。

 

肩のラインと手首の位置が同じくらいになる程度に肘を落としても問題ない。

素振りだと過去に類似を見ないくらいスムーズにヘッドが落ちて上に振れる。

そう、それはまるでフォアハンドのように。

ずーっとフォアのようにヘッドを落として打たいと思っていたが、正解はここだったのか?

 

ついに来たのかもしれない。

肘落としトロフィーポーズでブレイクスルー

 

これまでに取り組んだことの無い事例だけに期待が爆上がりだ。

ブレイクスルーは突然に220509

サーブで思いっきり左手を意識してみた。

そこでの関門となるのがトスアップ。

こいつが指に引っ掛かって流れると左手を思いっきり伸ばすとか、そういう次元じゃない。

もうどうにも上手くいかない。

巷では指の付け根でボールを持って手首使わずに上げろとか言うけどさ、、、

ムズイ・・・

むず過ぎるわ!!!

 

あまりにも難しいのでふと持ち方を変えてみた

一番繊細な指先で持つ。

指先で持つと引っ掛かるとか巷では言われているけど、なんか上手くいく。

確かに引っ掛かる時はあるのだけれども上げ直しでなんとかなる。

繊細な指先で自分で上げている感覚があるのだ。

付け根持ちの時は何も感覚が無いまま上げていた。

そうだよ。

繊細なトスアップなのだから、繊細な指先使えば上がるっしょ。

そして指先トスアップのもう一つの利点。

指先からそのまま左腕を伸ばし易い。

付け根トスアップだと指先を上に向けていく動作が必要となる。

指先トスアップだと、トスと同時に指先が天に向かって伸びていく。

 

これはブレイクスルー

指先トスアップ

だが、しかし、問題としてはトッププロで指先トスアップの人いなくね?

トッププロは合理的な動きをしている理論から外れてしまうのだ。

 

まぁ、それは置いておく。

指先トスアップでトスが上がり、左手が上がるようになった。

そして左手をめっちゃ残す意識。

さらに左手を引く位置も腹では無くて顔あたりに残す意識。

 

その意識で打った動画を見てみると。

左手は伸びている。

俺史上最大の伸びっぷりだ。

そして左手は腹のあたりに抱え込まれていた。

顔の意識なのに腹。

なるほどなぁ。

じゃあ腹の意識だったらもっと開いてしまうってことか・・・

 

これは来たね。

指先トスアップと顔でブロックサーブ

ついにブレイクスルーだ!!!

険し過ぎるサーブ道

スマッシュが打てるようになり、バックのスピンで繋げることも出来るようになり、ボレーも決まるようになってきた。

そうなると他が上がった分だけサーブの弱さがより引き立つ。

 

最大の弱点サーブ

昨日の試合でのサーブのしょぼさを思い返してみる。

 

1,腰砕け

腰が砕けてしまい下半身の力の伝わりはゼロ

砕け散っている状態なので上半身の力も使えない

カス当たりで弱弱しくネットにパサっと掛かる

一番やりたくない

 

2,面開きオーバーフォルト

なんでそうなるのかはわかっていない。

面が開いて回転が掛からずオーバーしている。

カス当たりネットに比べたら全然マシなんだが全く制御できていない感覚。

打点が後ろになり過ぎてしまっている感じはある。

トスが後ろ目に上がっているのに、体が前に入ってしまい、打点が後ろで面が開いているのか?

 

3,体が開くのが早くなってしまう

回転が掛からない

 

一番やめたいことは腰砕けカス当たりサーブ

どうにかしたい。

では何故カス当たり腰砕けサーブになってしまうのだろうか?

うーーーん

左手か?

左手が早く落ちてしまうから体のバランスが崩れて腰が砕けるのか?

今までの取り組みで意識していないのは左手。

左手を打つ瞬間迄キープできれば腰が砕けるという最悪の事態は防げるかもしれない。

2,の面開きも左手が残ることでラケットの入れ方で対処できるかもしれない

3,も無くなる。

 

左手をキープだな。

そして左手の重要性でリンクすることがある。

ブレイクスルーを果たしたスマッシュ。

左手の内側からボールを見ること。

 

スピンサーブだとこの見方が難しいと思っているのだが、、、

顎が左肩に乗っける感じでスピンサーブでも左手の内側から見ることに成功している。

 

左手を意識してみよう。

打つ直前まで左手はキープ。

 

左手の内側からボールを見て最後まで左手をキープ

 

腰砕けサーブはやめたい

切実に

ブレイクスルーは突然に220506

俺の最大の弱点と言えばサーブとスマッシュだった。

ロングラリーの末に甘い球を引き出し、決め球に近いアプローチショットでスマッシュボールを引き出し、フィニッシュのスマッシュでミス

そのミスの仕方がまともに当たっていないスマッシュ

そこを決められれば流れを一気に持っていける場面でのミス。

そんな大事なスマッシュに革命が起きた。

というか超上手い元コーチに教えてもらった。

 

1,クロスステップで下がる

一歩目は必ず右足を下げ、そこからはクロスステップ

これは電車バックと比べると圧倒的に速いし、速さ以上の利点がある。

 

2,ボールの見方

左手の内側からボールを見る

3,打点

上げた左手のネット側に前方 

 

この打点が完全なるブレイクスルーだった。

今まで最適と思っていた場所よりもだいぶ前。

教えてもらった打点は野球の投球フォームみたいな打点。簡単に力が入るがイメージと違う。

上手い人は頭の上でラケットワークで打つもんだと思っていた。

そうじゃなかった。

上手いからこそ的確にもっとも力が入る打点に動いた結果、簡単に打てるということだ。

左手の前で打つことでクリアな当たりが得られると解れば全てが繋がる。

最初の右足を引くことはクロスステップの速さ以上に横向きを作るという効能がある。

二つ目のボールを左手の内側から見るというのは横向きキープ。

それが最後に左手の前で打つために繋がっているのだ。

 

最適打点さえわかってしまえばしめたもの。

後は打点に入るために全力でフットワーク。

電車バックなんて絶対にアリエナイ。

 

左手の前

 

これを抑えるだけでスマッシュは解決。

とは言ってもボールは三次元的に迫ってくるから打点を取る難易度が高いんだけど。

だからこそ、最も大切なことでもある。

 

左手の前打点スマッシュでブレイクスルー

 

そしてバックハンドのスピン。

長年打てない打てない思っていたけど遂に打てるようになった。

というか、こっちは明確なコツというのを感じずに、いつの間にか打てるようになった。

従来のバックハンドではどうしても体重が右足に乗り過ぎてしまい、上から下へのスイングになってしまっていた。

下から上を意識してもボールが来ると前で捉えてしまってフラット系になってしまう。

なので打球は弱くても良いからナダルフォアみたいにバギーホイップ的にボール左側を擦り上げるイメージで取り組んでいた。

両手バックのバギーホイップは力が入りにくくて弱弱しくなりがちなのだが、入力エネルギーが少なくとも下から上へのスイングを当ててやれば攻撃されにくい中ロブは打てる。

それに取り組んでいたら何時の間にか打てるようになっていた。

全力で打点に入ること。

下から上に打つこと。

これが最も大切である。

 

スマッシュとバックのスピンが打てるようになった。

あとはサーブだ。

220430_AnotherStory_club asia

アナストの復活ライブへエイジアへ。

ギター、ベース、ドラムが新メンバーだったけど何も問題感じ無かった。

asiaは安定の音の良さ。

いつ来ても音は良い。

2年ぶりなだけあって纏まり無いところもチラホラ。

序盤のバイバイバイとかめちゃくちゃだった。

徐々に纏まり出てきたけど、初聴の新曲でも乗れる程のグルーヴは無い。

強い曲は良いんだけど。

 

2年ぶりだしこれからでしょ。

意外と年齢層が高くなってて驚いた。

活休前もこんなんだったか?

 

おかえりアナスト。

ブレイクスルーは突然に220430

サーブ練習をしていて気づいた。

顎が上がらず、上を向けない場合がある。

そうなるとスピンサーブを打つ際にボールを見るために体を反らさないといけない。

そうなると必要過多に反ることとなり軸が壊滅する。

顎はガン上げしないといけない。

そしてもうひとつの発見。

トスアップと膝の曲げを同時に取り組んでいるのだが、むしろ膝が先。

手よりも膝を先に曲げるくらい。

そしてトスアップと共に顎をガン上げ。

腕のことは考えずに、膝を曲げると同時に膝をガン上げ。

これが上手く行くと今迄に体験したことのない余裕と間が生まれる。

こんな余裕がある世界線があったのか。

遂にサーブもブレイクスルーが近付いてきたのかもしれない。

220428_ミオヤマザキ_ライキューブ

ミオヤマザキの二人の記念日に行って来ました。

ニューアルバムが意外にも好きな感じだったからちょっぴり期待。

活休発表ライブで会場大号泣に包まれましたが、敢えて言います。

可もなく不可もない平凡な音でした。

分離感に薄く音が団子。

直近のハロスリとパスピエの音がバキバキに仕上がり過ぎていたというのもあるかもだけど、パスピエのラインキューブは仕上がってたし、もっと出せるはず。

頑張れPAさん。

最近はガラガラシャッターやらずになるべく心を開こうとしてるので楽しめた。

やっぱアンスピーカブルは強くてケセラセラは核爆弾並の威力。

 

ミオヤマザキ程に好きになったバンドは他に無い。

ベビメタは海外まで追いかけてるけど熱量はミオヤマザキ

今までありがとうございました。

ラストのゼップ羽田は行くとしてTOKYOドームシティーホールはどうすっかなぁ。