テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に200217

幻であった神のフォアハンド。

期待が大きかっただけにぶっ壊れはショック。

そして何がいけないのか考えた。

前回ダメだったのはほとんどが打点がまともに取れてない。

バックハンドは打点が近くなり過ぎたりしないで適切な距離感でほとんど打てる。

対してフォアハンド。

特に右側に動く距離感が非常に宜しくない。

一旦後ろに入ってから前にということが出来ない。

激しく横に振られていれば致し方無しなのだけど、スライス等の滞空時間が長い相手のショットでも右に横移動で動いてオープンスタンス。

神バックはちゃんとボールの後ろに入ってから後ろから前に打てている。

要するにボールの後ろに入れていない。

横移動だけだから距離を合わせるのが難しいのだろうか?

後ろに入ってから前に動けば適切な距離感で打てるのだろうか?

 

そしてある事実が浮かび上がった。

最近は何故か不明だが左手を出すと球が安定するように感じる。

左手でボールとの距離感を測っているのだろう。

だがしかし静止状態で左手と右手をフォア側に出してみると想像以上に左手の先にラケットがある。

f:id:banbansuzuking:20200218180232p:plain

左手で指標にしても打点はその先だ。

だから距離感が良くわからない。

このように考えていた。

 

そしてふと思った。

あれ?

実際に打ってる時って違うよね??

f:id:banbansuzuking:20200218180413p:plain

肩をしっかりと入れたテイクバックが上の図。

そこから肩が入れ替わって前の方で捉える。

するとどうだろう?

ほぼほぼ左手からボール一個。

これなら明確に打点を左手で捉えることができる。

ずっと一番上の画像のような距離感だと思っていたために目から鱗だ。

これでイメージとリアルの乖離が少なくなるはずだ。

距離感さえちゃんと掴めれば・・・

 

ブレイクスルー間違いないっしょ!!!