テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に210121

顔を廻さない

重量物を持ち上げるイメージ

 

この二つは非常に良い。

もう一つの課題としてボレーストロークの時に時間が足らない。

もっと準備を早くする必要があると感じている。

先日のボレストでの練習の時。

ボレーも重量物を持ち上げるイメージを持って取り組んでいる。

今までよりも格段にペースのあるボレーを深く打つことが出来るようになったと感じている。

こちらが深いボレーを送り込んでいるのだが、この日の練習相手は深いボレーに対しても的確に対応してきた。

上手いなぁと思った。

ボレーとストロークを交代。

すると俺はボレーされた球に対して対応が出来ない。

彼は深いボレーに対しても全く崩れなかったのに、俺は常にいっぱいいっぱい。

何故?

どうして??

悶々としてストロークを打ちながら彼との違いを考えていると浮かび上がってきた。

俺のストロークは横の横振り。

彼のストロークは後ろから前。

彼は後ろ前にシンプルに振って打点が前。

俺は横振りのため低い球を前で捉えるのが難しい。

そこから後ろから前にシンプルに振るようしたら大分ましになった。

 

その後にシングルスをやって致命的なガシャリを二発かました。

一発目は顔を残してなかったからだと思ったのだけど、二発目で気付く。

これって横廻しスイングのせいじゃないか?

後ろから前へのスイングで打点を前にすればいいんじゃないか?

横廻しスイングだから回り込みのダウンザラインがフラットでしか飛ばないんじゃないか?

 

そこからは横廻しをやめて後ろから前へのスイングを意識してみた。

これが実に良い。

高い打点を叩くのがちょいと難しく感じる。

綺麗に後ろから前への力が乗る。

 

調子に乗っていると打点への入り方が疎かになるミスが出たけど、体の力が伝わってる感覚はバックハンドみたいだ。

 

これはアッパーカットだな。

テニスは実はアッパーカットだったのでだ。

 

アッパーカットでブレイクスルー!!!