テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に210524ストローク

前回のブレイクスルーは肩のラインのレールガン。

こいつは凄まじく良い。

完全なるブレイクスルー。

デュースサイド側から打つ時は不必要な捻りを加えて振り遅れを防ぐ。

アドサイド側から逆クロスを打つ時はその日の調子次第と言った面があった。

何故同じように打っているつもりなのに???

これに一番起因しているのが肩のライン。

調子の良く無い日は肩のラインがベースラインと平行で体が前を向いたまま打っていた。

アドサイドでサーブをセンターに打たれた時なんかで顕著で全く肩が入らず手打ち。

いくらボールを最後迄見ても先立つエネルギーが無いと球は飛ばない。

逆クロスに肩のラインを向けることでエネルギーのブレが少なくなった。

 

しかしながら問題もひとつ。

f:id:banbansuzuking:20210412152344p:plain

肩のラインを作ることを意識すると、視線も肩のほうに近くなってしまう。

 

f:id:banbansuzuking:20210412152548p:plain

打点を遠くに取ることが出来ない。

 

CPUとメモリのスペック不足でどちらかを意識するとどちらかが立たず。

とりあえずは肩のラインを優先してやってみた。

日曜日のダブルス。

サウスポーと組む機会が多く6試合やって5試合デュースサイド。

そこで発見した驚きの真実。

 

俺が想定しているよりも打点は前で無ければならない

f:id:banbansuzuking:20210524090440p:plain

いままでの想定打点。

ここだと振り遅れて力がスムーズに伝わっている感が薄い。

面開き打ちならば問題無いのかもしれないが、面伏せ内絞り打ちだともっと前。

f:id:banbansuzuking:20210524090833p:plain

体感で赤い位置。

もっと前でもっと内側。

肩のラインと打点はもっと前を意識しだすと過去最高精度でクロスに飛ばせることがわかった。

今まではどうしてもクロスに球を持って行けずに真っすぐ飛んでしまい前衛真正面ということが多かった。

速度とスピンがあるからそれなりに球がいっているから決められることは少なかったが、相手が強くなってくるとそうはいかずに見逃してくれない。

クロスに飛ばせない理由は打点だった。

 

これまでの青の位置で取るというのが赤になった。

赤と青の位置のたった小さな違い。

これだけなのに滅茶苦茶忙しい。

常に打点を赤の位置にするのを意識するだけだが体感では全く余裕が無く忙しい。

体の骨の髄まで浸み込んだ後ろの打点。

無意識に後ろの打点に合わせるタイミングが浸み込んでいる。

赤で打てるようにテンヤワンヤしながら遅れないように意識を注ぐ。

逆クロスは肩のラインを結べないと手打ちになるため意識を注ぐ。

赤打点に馴染みはじめてからは絶好調。

以前のように軸足を思いっきり踏ん張って地面を蹴るフルパワーショットではなく、体の回転を使ったシャープな振り。

完全なるブレイクスルー

打点は鬼前

打点を鬼前にしている副産物。

鬼前にすると打点は前、左右は体の近くになる。

すると視点が近くなっても問題が無い。

f:id:banbansuzuking:20210412152344p:plain

視線がこの位置になっても問題ない。

どうしても視線が近くなってしまいがちだったのが打点鬼前で解決。

 

ナチュラル視線が力の最も入る打点

これは完全にブレイクスルー。

打点は鬼前

 

このように安定してクロスにも逆クロスにも打てるようになった。

しかしテニスというものはようやく鍵を見つけて扉を開けると次の扉が出てくるもの。

クロスに打つ時と逆クロスに打つ時で肩のラインの向きがもろバレ過ぎてコースがモロバレ。

コースがバレたとしても安定して再現率を高めるほうが大切だと思って納得させた。

 

そんな中you tubeを見ていたらバックハンドが取り上げられていた。

打ちたい方向に肩のラインを向けるでブレイクスルーを果たした俺。

だが、しかし、you tubeではめっちゃ肩が入っている。

俺理論ではアドコートから打つのにクロスに打つためには肩のラインをクロスに向ける必要がある。

しかしyoutubeでは肩のラインは隣のコートに向いている。

隣のコートを向いているがクロスに球が綺麗に飛んで行く。

そして肩が入っているからどちらに打つか全くわからないということだ。

 

むーーーーーーーーーーーーーーー

 

あんなに肩のラインが逆クロス方向に向いているのにクロスに打てるというのはどういうことだろうか?

素振りで検証してみる。

すると新たな発見が。

内絞り打法であれば肩を入れた状態からクロスにもっていける。

肩を入れた状態から打点鬼前で捉えることが出来る。

f:id:banbansuzuking:20210524100438p:plain

この構えから打ち分ける。

打点は全く異なるが振ることに問題は無さげだ。

肩のラインを相手コート右にセットしてからの打点による内分け。

 

とにもかくにも打点は鬼前。

 

打点鬼前

デビルフロン

 

今回のブレイクスルー

デビルフロン

 

デビルフロントレールガン