テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

ブレイクスルーは突然に201209

以前のブレイクスルーで軸足に重心を残すと書いてある。

フォア側に浅い球を打たれた時、

フォア側に遅いスピンの効いたループボールを打たれた時、

どちらも軸足から体重が離れるのが早くなってしまう傾向にある。

最近意識しているのは軸足に残すでは無く軸足を粘る意識。

軸足を残す意識だと体が回せずに残ってしまう。

体の回転打つために回すことは必要。

そこで軸足を粘る意識。

粘る意識だと体は回すことが出来て、体が開くのが早くなるのを防ぐことが出来る。

これは間違いないブレイクスルー。

 

そして今回のブレイクスルー

ちんこトスNG

サーブと言ったらロジャーフェデラー

ロジャーのトスを真似していた。

f:id:banbansuzuking:20201210114241p:plain

この状態からベースライン方向に上げる。

昔からボールが手に引っ掛かって後頭部側に流れてしまう癖のある俺には僥倖のようなフェデラートス。

ただしこのトスはボールの入った左ポケットに当たる。

ふとボールが当たるのがうっとおしく感じ、左ポケットに干渉しない位置からトスを上げてみた。

なんということでしょう・・・

どちゃくそ前足に重心を移し易くなった。

嘘でしょ?

腰が捻られて前足に重心が移った状態をスッと作ることが出来る。

なんで??

フェデラーのようにチンポジからトスを上げると前足に体重がスムーズに移行できない。

ラケットを持たずともチンポジからのトスと左腰前からのトスでは明確な違いがある。

なんでそうなってしまうのかは不明。

これは完全なるブレイクスルーの予感だ。

 

脱チンコトスでブレイクスルー!!!

 

 

チンコトス