テニスとLIVEで生きています

テニスとLIVEしか生きる楽しみが無いJKのブログです。好きなバンド HelloSleepwalkers HEAVENSTAMP ミオヤマザキ AnotherStory BABYMETAL パスピエ SylphEmew SiM

続ブレイクスルーが大当たり210430

先日のブレイクスルーが大当たり中。

f:id:banbansuzuking:20210420152251p:plain

ついつい癖で図のように左手だけってこともなりがちだけど正としてる位置関係を保ったまま体を廻して打点に入れるようになってきたように感じる。

f:id:banbansuzuking:20210420144541p:plain

それに伴いラケットの出し方にも変化が産まれてきた。

これまではラケットヘッドが落ちた瞬間にフェイスが開いていた。

開いたフェイスによる横回転運動。

f:id:banbansuzuking:20210322100054p:plain

 

この左手と打点の位置関係だと伏せたままのフェイスからのスイングが行い易い。

f:id:banbansuzuking:20200727131816p:plain

ずーっとできなかった面伏せヘッドダウンからの払い上げスピン。

って、今画像を貼ってわかったけどワウリンカもナチュラル左手で必要以上に引いていない。

必ずグリップエンドが相手を向いてフェイスが伏せられて払い上げられる。

そうするとスピンの掛かり具合と弾道の上がり具合が段違い。

フォアハンドは完全にブレイクスルー

 

対してバックハンド

同じように打とうとするも打点指標の左手が無い。

グリップエンドから出して払い上げる打ち方の感覚が無い。

やるべきことをグリップエンドから出して払い上げるだけを考えてプレーした。

 

そうするとわかってくる。

やはり打点が鬼のように近い。

掬い上げる打法の近い打点が体に染みついている。

打点を遠くで払い上げる。

中々上手く行かなかったけど遠くで打てた時は綺麗なスピンが掛かって放物線を描く。

 

グリップエンドから出して遠い打点で払い上げる

フォアもバックも同じことだ。